無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
12
2020/01/18

第1話

能力を持つということ 一話
豊川 リアル
豊川 リアル
ねーんねーんころーりーよー
私は、子守歌を歌っている。
ちらと時計を見ると、時間は午前1時43分。
豊川 リアル
豊川 リアル
いつもだったら、寝てるはずなのに…
ちょっと足が疲れてきたな…
豊川 リアル
豊川 リアル
椅子…どこだっけ。
でも、きっと私が椅子に座っている所をお父様に見られたら…
豊川 リアル
豊川 リアル
きっと、鞭で打たれるんだろうなぁ
立っておくしかないんだろう。
妹様…早く寝ないかなぁ
様をつけているのは、私が現在最低ランクで妹様が最高ランクに産まれたからだ。
豊川 リアル
豊川 リアル
私だって、昔はBランクだったのに…
中学生になってからは生活がガラリと変わった。
周りがAランクだらけで皆、貴族か王族。
私は、ただの庶民だったのに…
豊川 リアル
豊川 リアル
お父様があんな所に入学させるから…