第6話

6
111
2021/03/22 17:16
はーい!!





私が好きなのはやっぱり…





(なまえ)
あなた
達也くんっ…!!
達也
達也
何しに来たの?
達也
達也
今日なんも言ってないよ?
(なまえ)
あなた
そうじゃなくて…
(なまえ)
あなた
会いたくなっちゃったの…





達也くんは目を見開いて





達也
達也
俺らそういうんじゃないじゃん





そう言った





瞬間、私はどうすればいいか分からなくなった





太我くんが言ってたのは嘘だったのかな





達也くんは1度も私のこと好きになんかなってないのかな





私がもしあの時呼び止めてなければ





隣にいたのは私だったのかな





達也くん





私はずっと、ずっと大好きだったよ





達也くんには伝えられないけどね





ごめんね





迷惑ばっかりかけちゃって





幸せになってね…





(なまえ)
あなた
そっか、そうだよね…
(なまえ)
あなた
ごめんね!
(なまえ)
あなた
ごめん!
(なまえ)
あなた
じゃあ、ひとつだけ聞いてもいい?
達也
達也
ん?
(なまえ)
あなた
そういうんじゃないなら
(なまえ)
あなた
私たちの関係ってなんなの?





ずっと聞いてこなかったこと





ずっと聞けなかったこと





でも、もう聞くしかない





覚悟を決めて





袖を握りしめて





達也くんの目をしっかり見て





達也
達也
なんなのって…
達也
達也
わかるでしょ?
達也
達也
恋仲にはなれないよ
達也
達也
ヤっちゃったらもう終わりだよ
達也
達也
ごめん、彼女いるから





分かるでしょって…





分かりたくないんだよ





でも、彼女いるんなら仕方ないよね





達也くんに愛してる人がいるように





私にもいるんだ





それが、叶いもしない恋だったってだけで





なんだかなあ…





これ以上ここにいたら全部ぶちまけてしまいそうで





私は扉を閉めて





また走った





走った





ひたすら走った




(なまえ)
あなた
やっぱりね、終わりだよね
(なまえ)
あなた
そっかそっか…





家の前について





部屋に入ろうとした時





(なまえ)
あなた
あっ、すみませ…
(なまえ)
あなた
太我くん…?
太我
太我
あなたちゃんっ!!ごめんっ!!
(なまえ)
あなた
え?





太我くんがいた





なんで謝るの





私が悪いのに





太我
太我
止めに行かなくて…
太我
太我
現実見ろよって思っちゃったんだ…
太我
太我
ほんと…
(なまえ)
あなた
ねえ、太我くん
太我
太我
え?
(なまえ)
あなた
私ね、しっかり振られてきた
(なまえ)
あなた
当たって、砕けてきた
(なまえ)
あなた
俺らそういうんじゃないって
(なまえ)
あなた
恋仲にはなれないよって
(なまえ)
あなた
言われちゃった





自分で話しておきながら





苦しかった





だけど





どこか、楽になれた気がした





太我
太我
あなた
太我
太我
もう、我慢しないで
太我
太我
俺の前でいっぱい泣いて
太我
太我
俺が守るから
太我
太我
まだ俺のこと好きになれなくても
太我
太我
それでいいから





今までずっとちゃん付けだった太我くんが





呼び捨てで呼んでくれて





訳が分からないくらい泣いた





2人でたくさん泣いた





太我くんは何度も何度も好きと伝えてくれた





もう離さないからって





俺なら手繋げるからねって





それだけの関係にならないからって





恋愛しようって





ごめんね、ありがとう





(なまえ)
あなた
太我くんっ…


















































私たちの関係って…?






























もう、終わったよ





プリ小説オーディオドラマ