第3話

3
94
2021/03/22 17:04





それから1ヶ月





ほぼ毎日LINEをして





今日お礼をするために





ちょっとお高めのご飯屋さんに





夜ご飯を食べに行く





(なまえ)
あなた
うん!ばっちり!





鏡の前で張り切って髪を巻いて





しっかりメイクをして





もう24だし?





そういうことがあっても…





別に!そういうんじゃないけど





イケメンだったし





優しいし





(なまえ)
あなた
もう出よっかな…


















































待ち合わせ場所について5分程待っていると





(なまえ)
あなた
あ!田口さん!
(なまえ)
あなた
じゃなくて、達也くん…!
達也
達也
お!あなたちゃん!





敬語キツイからタメでいいよって





名前で呼んでって





距離が縮まった気がする





隣を歩く達也くんはかっこいい





ゴツゴツしてる大きな手





でも、長くてスラッとしていて





いいな…





なんて思いながら自分の手に目をやる






達也
達也
どしたん?
(なまえ)
あなた
達也くんの手うらやましいなあって!
達也
達也
あなたちゃんの手は女の子らしくて、かわいいと思うけど?





そういうこと他の子にも言ってるのかな





なんかやだな





(なまえ)
あなた
行こっか…
達也
達也
うん!





待ち合わせはそのご飯屋さんのすぐそこだったから





少し歩けば着く





達也
達也
ここ?
(なまえ)
あなた
うん!
(なまえ)
あなた
すっごい美味しいの!!
達也
達也
なにがおすすめ?
(なまえ)
あなた
んーっとね…
(なまえ)
あなた
あれもいいでしょ?でも、これもいいし!あっ!やっぱこれかなあ…





おすすめしたいものがたくさんあって悩んでいると





達也
達也
そっかそっか
達也
達也
かわいいな





羨ましい、大きな手で





私の頭を撫でてくれた





(なまえ)
あなた
え?
達也
達也
よし、入ろっか





頭から手を離して





お互いの指を絡め合った


















































そこからはドキドキしすぎて





何を話したかあまり覚えていない





気づけばもう帰る準備をしていて





解散場所まで向かっていた





達也
達也
めっちゃ美味しかったわ〜!!
達也
達也
また今度メンバーとも行くわ!!
(なまえ)
あなた
よかった!
達也
達也
あなたちゃんの家の方まで送るわ!
(なまえ)
あなた
大丈夫だよ?
達也
達也
ううん、危ない
(なまえ)
あなた
優しいね、達也くんは
達也
達也
あなたちゃんもな





どちらからともなく





手を繋いで歩き出した





達也
達也
太我がさ‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
そうなの‪w‪w‪w




今だけは…





私の達也くん





横でこの笑顔を見れるのは私だけ





じゃないとやだよ





達也
達也
はるもまあまあなやば人でさ‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
楽しそうだね‪w‪w‪w
達也
達也
ほんと、あいつらといるだけで腹筋割れるっての‪w‪w‪w





メンバーさんが





スタッフさんが





ファンが





ほんっとに大好きなんだなって





達也くんの話を聞いていたらわかる





こんな人に愛されたら





どんなに幸せなんだろう





達也
達也
今度会ってよ!!
(なまえ)
あなた
え!?いいの!?
達也
達也
あなたちゃんも天然だし、もっとおもろくなりそうやわ‪w‪w‪w
(なまえ)
あなた
なにそれ‪w‪w‪w





冷たかった手はもう暖かかった





(なまえ)
あなた
ここ、私の家…
達也
達也
あ、そっか…
達也
達也
じゃあ、ほんと今日はありがとな!
達也
達也
また飯食い行こ!
(なまえ)
あなた
うん…
(なまえ)
あなた
ありがとう!





私の手から達也くんの手が離れる





もう行っちゃうんだ





やだな





(なまえ)
あなた
ねえ!
達也
達也
ん?
(なまえ)
あなた
まだ一緒にいたいな…





うん、そうだ





私のせいだ





プリ小説オーディオドラマ