無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

次の日
シルク
シルク
ちょっと出かけてくる
海咲
海咲
気をつけてね!
シルク
シルク
マサイ
マサイ
ちょっと待てよ!
海咲
海咲
まだ準備出来てなかったの?
マサイ
マサイ
ああ
シルク
シルク
お前、着いてこなくていいから
マサイ
マサイ
は?何でだよ
シルク
シルク
まだお前の事を信用した訳じゃねぇし、裏切られる時がありそうだし……それに俺はお前が大っ嫌いだからな
海咲
海咲
まだ警戒してるんだね
シルク
シルク
そりゃそうだろ
シルク
シルク
信じられるのはお前だけだからな海咲
海咲
海咲
そうだよね……
マサイ
マサイ
海咲は信じられるのに俺はダメなのか?
シルク
シルク
だって……俺の話を聞いても信じねぇ奴は信じられねぇよ
マサイ
マサイ
海咲
海咲
お願い、もう1回話してあげてシルク!
シルク
シルク
……分かった
シルク
シルク
よく聞けよマサイ
マサイ
マサイ
ああ





































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マサイ
マサイ
そうだったのか……
シルク
シルク
ああ、俺を虐待していたのは表では優しいが裏は悪い奴って事だ
マサイ
マサイ
ごめんな、もっと早く分かっていれば……
シルク
シルク
別に良いんだ
マサイ
マサイ
その奴は表裏の激しい奴か……
マサイ
マサイ
お前が危ない時は守ってやるよ!
シルク
シルク
海咲
海咲
マサイ……
シルク
シルク
ありがとな!もう二度と裏切らないか?
マサイ
マサイ
ああ、約束する!
シルク
シルク
なら良い……でも俺はお前の事が嫌いだ、それでも良いか?
マサイ
マサイ
それでも良い!
シルク
シルク
じゃ行くか
マサイ
マサイ
ああ!
海咲
海咲
行ってらっしゃい、気をつけてね!
マサイ
マサイ
行ってくる!
マサイ
マサイ
(`・ω・)ノ( ´д`*)
シルク
シルク
(何だろう……このズキッってくる感じは……)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

光
フィッシャーズと一緒にした小説です。読んでくれると嬉しいです。
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る