無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第8話

会いたい 、





 『 ... と最近会えないなぁ、
  日出のとこ行っちゃうよって 』

 ( 歌ったら会えるかななんてね、

 『 会いたいんだ今すぐその角から飛び出してきてくれないか夏の魔物に連れ去られ僕のもと.. わっ、』

喜「 歌ってるから連れ去ってみたんだけど、」

 『 会いたかった、』

喜「 ねえ、みんなに言おっか、ファンの人達にも 」

 『 だって絶対デビューしたばっかりのくせに調子乗ってるとか思われるし、なっちゃん人気だし 』

喜「 そんなことないから笑 あなたにどんだけファンが居ると思ってんの
  仮にあなたのこと悪く言うやつがいたとしてもあなたのファンにガチギレられるから 」

 『 でもなっちゃんはさっ... 』

夏 喜「 もう言い訳聞かないし、とりあえずメンバーとか先輩達みんなに集まってもらって、HIROさんをちゃんと説得して付き合ってますって言おう 」

 『 ん、分かった
  でもみんなに言う前にお兄ちゃんと相談してた亜嵐くんと隼とバリのみんなに言っときたい 』

喜「 ふふ、こういうちゃんとしてるとこ好きだよ 」

  『 あっそ、』

喜「 冷た 」

 『 夏喜だっていつも構ってくれない、!』

喜「 はー、かわい 許してって 」

 『 やだ、玲於さんともべたべたしてんじゃん 』

喜「 怒んないでよ、ね?」

 『 顔面綺麗すぎんだよばーか 』

喜「 え、貶してんの?褒めてんの?」

 『 もういいっ 』

喜「 ごめんって 」










ーーーーーーーーーーーーーーー