無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

王子じゃなくて



 〜 ジェネの楽屋



亜 「 あっ、あなた今から来るって〜 」

隼 「 ほんとだ!!ライン来てる 」

玲 「 なんで亜嵐くんと隼だけきてんの 」

涼 「 あなた日出コンビ溺愛してるからね 」

龍 「 ほんまずるいわぁ〜、」

  『 龍友くん嫌いになるわぁ〜 』

裕 「 うおっ、気配消しすぎやろ 」

亜 「 あなた〜!! またご飯行こ 」

  『 えっ、行く 亜嵐くんの予定ラインしといてね 』

涼 「 この前はランペのとこ行ったり、今日はどうしたの 」

  『 あー、王子に言いたいことあって 』

メ 「 あっ、こくは... 」

  『 塩野瑛久くんに会いたい!!』

玲 「 ふははっ、王子じゃなくて側近の方だって 」

隼 「 あっ、あれでしょ? 有剣くんめっちゃタイプってやつ!!」

龍 「 ついに王子も時代終わったかぁ 」

涼 「 違いますよ〜、あなたの好みじゃないだけ!」

  『 あっ、あと亜嵐くん!』

亜 「 何〜、」

  『 そろそろ颯くんに会わせてね 』

亜 「 言っとくわ 」

  『 お願い〜! じゃあねっ 』









ーー



なんか機嫌よかったね

 やっぱり僕と亜嵐くんに会えたからですよ〜

あなた誘ってまたどっかいこーよ

 いいな〜




涼太 / 隼 / 亜嵐 / 玲於