無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

るぅと
るぅと
わああぁ
るぅと
るぅと
着きましたね!
ころん
ころん
さっぶ
さとみ
さとみ
ころん、これ着ていいよ
ころん
ころん
ありがとー

(先生)はーい!みなさん!ここからは解散です!
絶対にはぐれないように!





はーい!
さとみ
さとみ
二人とも!すべろーぜ!!
ころん
ころん
うん!
るぅと
るぅと
はい!




,
ころん
ころん
あ、れ、?
ころん
ころん
お、おなかいてぇ
ころん
ころん
っっ
ころん
ころん
クラっ
るぅと
るぅと
ころん先生!?
るぅと
るぅと
大丈夫ですか!?
さとみ
さとみ
おい!起きろ!





,
ころん
ころん
うぅっ
ころん
ころん
ど、こ?
るぅと
るぅと
さとみくん!起きましたよ!
さとみ
さとみ
お!オレ!先生呼んでくる!
るぅと
るぅと
ころん先生
るぅと
るぅと
途中で倒れて意識がなくなってましたよ
ころん
ころん
そうだった、
るぅと
るぅと
記憶はあるんですね
るぅと
るぅと
よかったあ
ころん
ころん
ごめん、心配かけて
るぅと
るぅと
大丈夫ですよ



って、えええ


体から、糸、が、


でてる!?








,
ぬし
ぬし
はい。スキーの場面がなさすぎ。
ぬし
ぬし
はい。すいませんでした。
ぬし
ぬし
はい。((