第2話

2話
326
2020/12/28 14:24
?
僕?僕はその子の彼氏。
加藤(なまえ)
加藤あなた
え?
後ろを向くと、そこには大好きな人がいた。
小森隼
小森隼
分かったら、その手、離してくれない?
男
(・д・)チッ 男居たのかよ。言えよな!タクっ(。・ˇェˇ・。)
加藤(なまえ)
加藤あなた
(o   ˙ㅿ˙   o)ガクッ
小森隼
小森隼
大丈夫!?
加藤(なまえ)
加藤あなた
あっ、はい。ありがとう、ございます。
小森隼
小森隼
とりあえず、動ける?
加藤(なまえ)
加藤あなた
はい。
小森隼
小森隼
……ごめんね?亜嵐くんじゃなくてw
加藤(なまえ)
加藤あなた
え?なんでですか?
小森隼
小森隼
え?亜嵐くんファンの子でしょ?
加藤(なまえ)
加藤あなた
いや、私は……その……隼さんファンで……。///
小森隼
小森隼
え?……僕!?
加藤(なまえ)
加藤あなた
はい…。コクッ(* /// ///))ウン
小森隼
小森隼
えっ、あっえっと、ありがとう!(*///^^///*)
加藤(なまえ)
加藤あなた
フフッ(* ´ ˘ ` *)
そうやって、照れやすい所も、好きなんですよね〜w
小森隼
小森隼
ちょっ、待っ、色々と急だから!w///
加藤(なまえ)
加藤あなた
WWW
白濱亜嵐
白濱亜嵐
隼〜?
小森隼
小森隼
!亜嵐くん!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
遅いから迎えに来たって……え?この子、さっきの子じゃ。
河村莉奈
河村莉奈
あなた〜!!居た!遅いから心配できちゃった……って……隼さんに亜嵐くん?
加藤(なまえ)
加藤あなた
莉奈!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
え?何?どういう状況?
小森隼
小森隼
いや、ナンパされて困ってたから、助けただけ。
河村莉奈
河村莉奈
あっ、また?大丈夫?何もされてない?今回は何人?
加藤(なまえ)
加藤あなた
ちょっ、質問多すぎw大丈夫。嫌がってたら連れてかれそうにはなったけど、隼さんが助けてくれたしwあと今回は1人。
河村莉奈
河村莉奈
そっか、良かった。隼さん、ありがとうございました。
小森隼
小森隼
あっいや、いいんだけど、それだけ心配するってことは、何かあったの?
河村莉奈
河村莉奈
……言っていい?
加藤(なまえ)
加藤あなた
(*'へ'*) ンーまぁ、大丈夫。けど、私からは言いたくない。
河村莉奈
河村莉奈
そっか、じゃあ、私から言うね?
加藤(なまえ)
加藤あなた
お願い。
河村莉奈
河村莉奈
……あなた、昔、5人くらいにナンパされて、その流れでレ〇プされたんです。
小森隼
小森隼
えっ……。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
嘘……。
加藤(なまえ)
加藤あなた
本当です。だから、正直言うと、男の人は苦手で、
でもGENEは別格なんですよね。GENEは
こんな汚れてて、勉強も運動もできない自分、生きてたってしょうがないって思ってた所を救ってくれた存在なので。
小森隼
小森隼
……じゃあ、今ギュッてしていい?
加藤(なまえ)
加藤あなた
え?……どうぞ?
小森隼
小森隼
(´。•ω(•ω•。`)モギュ♡

辛かったよね、怖かったよね。
もっと早く助けてあげれれば、手掴まれずに済んでたよね。( ๑´•ω•)ノシナデナデナデナデ
加藤(なまえ)
加藤あなた
いえ、助けていただけただけで、十分です。あのまま、誰も来てくれなかったらきっと……。:( ; ´꒳` ;):ガタガタ
小森隼
小森隼
(´。•ω(•ω•。`)モギュ♡
大丈夫。大丈夫だから、落ち着いて?しばらくこうしているから。
加藤(なまえ)
加藤あなた
すみ、ません。グズッ( ̄^ ̄゜)ありがとうございます。‪( ´•̥  ̫ •̥` )‬
小森隼
小森隼
ん。大丈夫大丈夫。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
そだ!ここじゃ寒いし、楽屋おいで?そこで落ち着くまでいな?
小森隼
小森隼
なんなら、この後飲みに行くし、良ければ来る?
加藤(なまえ)
加藤あなた
いや、さすがにそれは……
河村莉奈
河村莉奈
いいんですか?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
うん。おいで。変なこと聞いちゃったお詫び。
河村莉奈
河村莉奈
ありがとうございます!
加藤(なまえ)
加藤あなた
いや、……え?……。
小森隼
小森隼
行こうよ。帰り、女の子だけで行かせるの嫌だし、それに、今電車混んでるから、どちらにせよ帰れないでしょ?なら、ゆっくりしてって。
加藤(なまえ)
加藤あなた
……じゃあ、お言葉に甘えて。
白濱亜嵐
白濱亜嵐
よし!じゃあ、行くか!
河村莉奈
河村莉奈
はーい!
小森隼
小森隼
さっ、立てる?
加藤(なまえ)
加藤あなた
はい。
小森隼
小森隼
ん、手貸して?繋いで支えてってあげる。w
加藤(なまえ)
加藤あなた
いやいやいや、噂立ったちゃいますよw遠慮しときますw
小森隼
小森隼
ダーメ!強制的に繋ぎます!じゃないと、またナンパされるかもよ?
加藤(なまえ)
加藤あなた
それは嫌だ。
小森隼
小森隼
じゃあはい!手!
加藤(なまえ)
加藤あなた
……はい。w
と、いうわけで楽屋におじゃますることになった。

プリ小説オーディオドラマ