無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

143
2020/02/09

第11話

次の日
あなた

オッはよー

廉
無駄にテンション高いなー
クラスの女子
あなたちゃん完全復活?
あなた

YES

クラスの男子
また賑やかになるな!廉
廉
なんで俺に聞くんだよ
優太先生
優太先生
席つけー!ホームルーム終わったら、永瀬、後で職員室来い
廉
分かりました
クラスの男子
何お前問題起こした?
あなた

もしかして、昨日の件?

廉
多分でも、だったらお前もだろ
あなた

確かに

優太先生
優太先生
ほらそこ!イチャイチャするな
あなた

イチャイチャじゃない!幼なじみが、しつこく絡んでくるだけでーす

優太先生
優太先生
あっ森長お前も後で職員室な
あなた

はーい

〜ホームルーム終了〜
廉
あなた行こうぜ
あなた

うん

〜職員室にて〜
優太先生
優太先生
お前ら、昨日バイトしてただろ
あなた

バイトなんかしてないですよ!
あのカラオケ店私の家なんですよ!
幼なじみの、廉に、お店手伝って貰って、あと兄貴の友達の、ともや君と、りったろちゃんにも手伝って貰って、だから、家手伝いであり、バイトでは、ありません

優太先生
優太先生
そうだったんだ笑笑
廉
事情も知らないで、バイトって決めつけないで、貰えます?
優太先生
優太先生
わりぃーな
あなた

もういいですか?

優太先生
優太先生
おう
あなた

失礼しました

廉
しました
教室にて〜
クラスの女子
2人して問題起こしてって事は、
クラスの男子
やばー笑さすが廉の彼女
あなた

うるさい!廉の彼女じゃないっつーの

廉
こいつの家の手伝いしてたら、バイトって勘違いされて、迷惑だっつーの
あなた

手伝うって言ったのそっちじゃん

廉
はぁー歌わせる代わりに手伝えって言ったのお前だろうが
あなた

それは、りったろちゃんが入るの知らなかったからで、その後、どっちでも良いよって行ったら、手伝うって言ったのあんたじゃん

クラスの男子
喧嘩すんなって
クラスの女子
喧嘩してもいいことないよー
廉
あなた
あなた

何?

廉
岸先生だけは、選ぶなよ
あなた

私の、恋愛ぐらい、私の好きにさして

廉
俺にしとけよ
あなた

兄貴が、2人とも、認めてないよ

廉
一誠くんには、認めてもらうように頑張る
あなた

頑張っても、うちの兄貴ちょっとやそこらーで、気持ち変えない人だからね

廉
それってつまり?
あなた

私を、落とした方が、勝ち
私が認めたって言えば、兄貴も、納得するから

廉
じゃー兄貴に認めてもらうも、お前次第
あなた

そういうこと!さっきみたいに舐めた口聞いてると、私、岸先生の方に行っちゃうよ

廉
わかった!今まで、ごめんない!これからはちゃんとするから、俺の彼女になって
クラスの男子
あーもう見てらんねー
クラスの男子
はやくくっつけよー
クラスの女子
幼なじみのままじゃいられない
クラスの女子
やばー
クラスの男子
お前さ、そんな臭いセリフ言っても意味ねーぞ!押してダメなら押し倒す勢いで、迫って行け!恋は、当たって砕けろだろだ!
廉
砕けちゃダメでしょ!
あなた

笑笑

一誠
一誠
あなた〜迎えに来たよ〜帰ろー
あなた

お兄ちゃん!まだ、学校終わってないから、校門で待ってて

一誠
一誠
わかった
続く


皆様にアンケート取ります!


岸優太or永瀬廉
どっちと付き合いたいですか?



コメントで、お願いします!




一途に想いを伝えてくれる幼なじみの、廉






禁断の恋と知りながら、想いを伝えてくれた岸先生





どっちと、付き合いたか、コメントで、お願いします!