無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

12
2021/08/08

第2話

第一話
一つ言っときます、バレー部全員百合がユース選手とは知りません!まずバレーできる事自体知りません



はい、どうも〜初めまして
えっと、ただいま絶賛檄怒られ中

理由は…

分かりません(*゚▽゚)ノ

説明しよう
遡る事1時間前及川と2人でドリンクの粉を買いに行った時のこと…


モブ「なぁ、あの子美人じゃね?ほら、青城のジャージ着てる子」
モブ2「ホントでも美人というより、可愛いだろ?」
モブ「どっちでもいいじゃん、それより俺話しかけてこようかな?」
モブ2「マジ?頑張れよ〜」
モブ「おう」

モブ「ねぇ、そこの君〜よかったら俺と一緒にお茶でもどぉ〜?」
百合『(私に言ってるよね?他に人いないし)ごめんなさい、私人探し中でして…』
モブ「え〜そんなのどうでもいいじゃーんねっ!いこ」
百合『お願いします、離してください!』
及川「ねぇ、うちのマネージャーに何してるの?(圧」
百合『徹』
モブ「えっあっす、すいませんでしたぁぁぁ」
及川「チッ逃げやがった、大丈夫?百合」
百合『あっうん大丈夫、ありがとう徹』
及川「急にいなくなったからどこいったのかと思ったよ〜でも無事で何よりだね、まぁ買い物も終わったし体育館にいこっか!」
百合『うん!』

という事です!
…うん、全部私のせいなんだけどねっ!迷子になっただけで約30分ほどお説教っておかしくない?!
もぉう誰か助けて〜泣泣
あっあんな所に金田一と国見!よし…いくか!

百合『金田一〜国見ー助けて〜泣泣』
国見「俺パス金田一頑張れよ」
金田一「はっ?!えっちょっ待って」
岩泉「金田一捕まえろ!」
金田一「岩泉さんッ待って」
百合『いやぁぁやめてぇぇ』
国見「頑張れ〜」

10分後…
金田一・岩泉「はぁはぁ疲れた」
百合『勝った?よっしゃぁぁ』
及川「気が済んだ?取り敢えず、百合は1人で出歩かない事ね」
百合『はい、ごめんなさい』