無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
7
2021/08/08

第5話

着いたぜ!!
百合『着いた〜!!!』

バスの中の話は思い付きませんでした
読みたかった人ごめんなさい🙇‍♀️

百合『梟谷!!梟谷と言ったら〜5本の指!!!』

及川「百合〜うるさーい」

百合『ごめんって!でも徹だって楽しみでしょ?』

及川「否定はしないけど、他の人もいるんだから」

百合『なっ!とっ徹が正論を!?』

及川「地味にディスってない?」

百合『気にしないことをお勧めします』

及川「…」

国見「やっぱ俺らって空気なの?」

岩泉「気にすんな、百合達はいつもあのテンションだ」

国見「はぁ、そうなんですか」

百合『さぁ行こ〜う』

及川「百合!俺の台詞取んないで!!」

岩泉「行くか」

及川「岩ちゃん?!」

百合『🏃‍♀️』

及川「ちょッ待って!!」

及川「🏃‍♂️」

国見「( ˙-˙ )」

松川「国見〜んな顔すんな〜」

国見「はぁい」

花巻「早く行くぞ!!追いつけなくなる」

部員「はい!」

百合side
百合『ここ体育館かなぁ?』

白福「ん?誰かいる〜」

百合『ビクッ』

雀田「ちょッ雪絵!怖がらせてる!」

百合『あっえとごめんなさい!!勝手に入っちゃって…』

雀田「あっいいですよ!えっと青葉城西のマネージャー?」

百合『はい!でもなんで?』

雀田「ジャージに書いてあるから」

百合『あぁ』

白福「マネージャーなんだよね?選手は?」

百合『えっ?そこに…』

百合『(えっ?なんで?誰もいないんだけど?!まさか…私だけ走ってきちゃった?)』

百合『ごめんなさい、私1人で走ってきちゃって…でも敷地内にはいます』

白福「okじゃあ先に中入っちゃっていいよ〜」

百合『ありがとうございます!!』

次回『及川さん達視点』