無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

( XVI )
私は記憶が戻ったら彼に話そうと思っていた。
自分の言えなかったこと
彼に伝えたいこと
彼への気持ち、全てを言おうと思っていた。
間宮 薫
間宮 薫
黒尾さんと付き合ってから
七海、強くなったね
朝倉 七海
朝倉 七海
え?
間宮 薫
間宮 薫
自分に自信持てるようになったと思う
朝倉 七海
朝倉 七海
…そうかもしれないね。
私を変えてくれたのは黒尾さんかもね。
間宮 薫
間宮 薫
私、応援してるからね
朝倉 七海
朝倉 七海
ありがとう。
いっぱい支えてくれて
間宮 薫
間宮 薫
うん!
じゃあ試合ここで見ようかと言って
彼女は私の隣に立った。

_____________________














カメラに触れるのも久しぶりだった。
写真を撮ることが大好きなのに
1ヶ月半くらいカメラを触らずにいたのだ。










(どんな写真、撮ってたっけ…)
データを見れば何か思い出すかもしれない。
嬉しいこと辛いこと、ここには全部詰まっている気がした。










写真を1枚1枚見ていると
彼らの写真が多かった。

でも、5月くらいで終わっている。
(あれ…撮りに行ってなかったっけ……)









5月ごろはまだ
撮りに行っていた気がするのに…










___________ 鉄朗くん…!










ある女の子の声がした。
黒尾さんのことを呼んでいた。
彼は"聖奈!"ととても嬉しそうに呼んでいた。
朝倉 七海
朝倉 七海
あ、れ…
頭がズキっとした。
私は、聖奈という女の子を知っている。




頭が痛い。
(どうして…あの子を…?)
朝倉 七海
朝倉 七海
……っ…
間宮 薫
間宮 薫
七海?
もう一度彼らを見ると
黒尾さんが聖奈という子の頭をポンポンしていた。
満面の笑みで、嬉しそうに。










___________ この光景にも見覚えがある。
朝倉 七海
朝倉 七海
なんで……っ
そう言って私は涙を流していた。
間宮 薫
間宮 薫
七海?!
朝倉 七海
朝倉 七海
なん、で…
間宮 薫
間宮 薫
ねえ、七海!大丈夫?!
朝倉 七海
朝倉 七海
……嫌な事で思い出すなんて…
間宮 薫
間宮 薫
…え?
朝倉 七海
朝倉 七海
…何も言えなくなる……
頭痛がひどくなった。
もう少しで全部思い出せるのに…っ
朝倉 七海
朝倉 七海
…っ……、く、ろお…くん…っ…
そう、前の私は"黒尾くん"って呼んでいた
5月ごろから写真のデータがないのは
あの子がマネージャーとして入ってきたから。

私は"必要とされてない"って自覚して
彼から離れる事を選んだ。









とても悩んでいた。
別れを告げるか、もう少し我慢するか。









あの日、事故に遭ったのは
このことが原因ではないけど
精神的なストレスで一時的に
黒尾くんの記憶だけが抜けていたのだろう。
















___________ 黒尾くん。
やっと、思い出しましたよ _________
間宮 薫
間宮 薫
七海…?
朝倉 七海
朝倉 七海
私、黒尾くんが好き、だよ…
涙が止まらなかった。
衛輔くんが言ってくれた言葉も思い出した。
いつも私を支えてくれてたのは衛輔くんなのに
衛輔くんの気持ちに応えられないのが
とても申し訳なかった。










もうすぐ練習試合が終わる。
私は彼に気持ちを伝えに行こうと思う。
朝倉 七海
朝倉 七海
黒尾くんに、伝えたい…
間宮 薫
間宮 薫
まさか…記憶が…
朝倉 七海
朝倉 七海
うん…、思い出したきっかけは
いい思い出なんかじゃない。
それでも、今この気持ちを伝えなきゃ
私、後悔すると思うんだ。
間宮 薫
間宮 薫
七海…っ
彼女は記憶が戻ったことを喜んだと同時に涙を流していた。
朝倉 七海
朝倉 七海
薫、ありがとう…
ちゃんと、フラれてくるね
私がそう言うと、
薫はまた更に泣いてしまった。



____________________





フラれたっていい。
てかもう、別れようと言われた時点で
フラれている。
それでもちゃんとフラれてこよう。
去年の秋みたいに、フラれてスッキリしよう。









私は久しぶりに彼に連絡した。
彼とのトークは全て消されていた。
私たちの思い出は全て消えていた。




_____________________










話したいことがあります。
少しだけなので
練習試合終わったら体育館裏に来てください














_____________________




彼にそう連絡して
薫にも、今から行くと言った。
帰りも一人で大丈夫、だと。

薫は夜電話するからね!と言って
私を体育館裏まで連れてきて
帰っていった。





不安なことなんてたくさんある。
自分の気持ちに素直になれるのか。
ちゃんと彼への気持ちを伝えられるのか。
彼はここにきてくれるのか。



分かんないけど、来てくれたら
ちゃんと言おう。










_____________________
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
七海、ちゃん…
彼は制服に着替えて体育館裏に来た。
朝倉 七海
朝倉 七海
あ、すみません。呼び出してしまって
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
大丈夫、なんだけど…
どうしたの?
朝倉 七海
朝倉 七海
あの…えっと…
(何してんの!朝倉七海!!
 ちゃんと気持ち伝えなきゃ!!!)
朝倉 七海
朝倉 七海
お元気、でしたか…?
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
うん
朝倉 七海
朝倉 七海
…お見舞い来てくれて
本当にありがとうございました
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
いいよいいよ!
朝倉 七海
朝倉 七海
無事に退院できました。
まだ車椅子だけど…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
…でも、生きててよかった
朝倉 七海
朝倉 七海
え?
彼は安堵の表情を浮かべていた。
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
夜っ久んから電話かかってきた時
まじで俺焦ってたんだ。
1週間も意識戻んないし。
朝倉 七海
朝倉 七海
すみません…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
ほんと、良かった…
そう言って彼は頭を撫でてくれた。
朝倉 七海
朝倉 七海
あの!
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
ん?
もうどうなでもなれ!と思い
私は彼に想いを伝えた
朝倉 七海
朝倉 七海
好き、です…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
え?
朝倉 七海
朝倉 七海
黒尾さんが、好きです…
うまくいかないことくらいわかってる。
もう別れたんだから、私たちは。
黒尾くんだって、もうとっくに好きな人見つけてるだろう…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
あ…
彼は困っていた。
もう、なかったことにしたい。
恥ずかしい。
朝倉 七海
朝倉 七海
…やっぱり忘れて、ください…!!!
怖くなって私は車椅子で玄関の方へ向かった。