無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第22話

( XXII )
_________ 7年後

_____________________

間宮 薫
間宮 薫
七海!綺麗だよ!
朝倉 七海
朝倉 七海
ありがとう
仲村 聖
仲村 聖
わあ!綺麗〜!
朝倉 七海
朝倉 七海
ひいちゃんも
今日は人生で一番幸せな日。





_____________________
孤爪 研磨
孤爪 研磨
あれ、クロは?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
あれどこだ?
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
研磨ァ!夜っ久ん!
夜久 衛輔
夜久 衛輔
おお!黒尾!
似合ってんじゃねえか!
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
でしょでしょ
孤爪 研磨
孤爪 研磨
七海、待ってるよ
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
うん
_____________________


彼とのファーストミート。
このドレスも当日までは彼に秘密にしていた。
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
七海!
彼に呼ばれて振り返る
白いドレスが太陽の光でキラキラしている。


振り向いて彼を見ると
口を開いていた。
朝倉 七海
朝倉 七海
ど、どうかな…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
…綺麗だよ、七海
そういう黒尾くんは
とってもカッコいい…!



















今日から私も "黒尾"になる。














鉄朗くん。
貴方と過ごした約8年間。
色んなことがあったけど
貴方に出会えて
貴方と恋人になれて
貴方と結婚できて
本当に良かった。























いつまでも、「ありがとう」を貴方に ______

























___ ありがとう、鉄朗くん
           愛してます _____
































___________________end.