無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

( XVIII )
_____________________
kuroo tetsuro side...
_____________________
七海ちゃんを振ってから3ヶ月
彼女のことがまだ忘れられない。

聖奈と付き合ってるはずなのに
彼女と別れてからも頭の中に1番に浮かぶのは
_________ 七海だった。
春高まで約2週間。
そんなある日 _________
夜久 衛輔
夜久 衛輔
なあ、黒尾
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
ん?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
10月25日だな…
勝負の日。10月25日。
その日は東京都3代表を決める
大事な日だ。

まだ試合は始まってないが
それに残らなきゃ春高への切符はもう、掴めない。
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
何がなんでも残るぞ
夜久 衛輔
夜久 衛輔
当たり前だろ
例年通りだと、多分確実に上がってくるのは
王者・井闥山と梟谷、だろう。
そこに絶対俺たちも残るんだ。絶対。
夜久 衛輔
夜久 衛輔
でさ、俺。応援来てもらおうと思って
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
え?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
七海に。見ててもらいたくて
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
七海、ちゃん…か…
夜久 衛輔
夜久 衛輔
あいつ、誕生日なんだ。25日。
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
誕生日…
夜久 衛輔
夜久 衛輔
春高連れて行きたくて、七海を
彼は七海が好きなんだ。きっと。
小さい頃から見てきたから
彼が一番知っている。


七海がどんな子で
どんなふうに育てられてきて
どう成長していったか。



従兄弟である彼が一番分かっているんだ。
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
俺も、連れて行きたいよ
夜久 衛輔
夜久 衛輔
え?
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
…七海を。春高に
いつからこんな欲を出すようになったんだろう。
聖奈と付き合ってるのに、俺。
夜久 衛輔
夜久 衛輔
お前、聖奈と付き合ってんじゃ…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
俺まじ最低だわ
夜久 衛輔
夜久 衛輔
は?
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
今も変わらず七海ちゃんが好きってこと。
最初から分かってた。
七海に別れようと言った時も
七海に2回目の告白をされた時も
俺は七海が好きなんだ、って

聖奈じゃ、七海の代わりにはなれないって
七海じゃなきゃ、ダメなんだって。

_____________________












あれから1週間が経った。
部活が始まる前、
夜っ久んと研磨が話していた。
孤爪 研磨
孤爪 研磨
夜久くん
夜久 衛輔
夜久 衛輔
おう!研磨!
孤爪 研磨
孤爪 研磨
七海、調子どう?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
大丈夫だよ
更衣室から聞こえる二人の声。
七海のことを話しているようだ。
孤爪 研磨
孤爪 研磨
……最初は不安だったけどさ
夜久 衛輔
夜久 衛輔
ん?
孤爪 研磨
孤爪 研磨
戻ってよかったね、記憶
夜久 衛輔
夜久 衛輔
うん。黒尾にはまだ話せてないみたいだけど
七海の記憶が戻った…?いつ?
いつ戻ったんだ?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
もう3ヶ月経つんだぞ、記憶戻ってから
孤爪 研磨
孤爪 研磨
聖奈がいるから話せないんじゃない?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
それはあるかもな…
俺は気になって扉を開けた
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
…記憶戻ったって、本当か?
夜久 衛輔
夜久 衛輔
…黒尾…!
孤爪 研磨
孤爪 研磨
クロ
なんで俺だけ言ってくれなかったんだろう。
なんで…なんで…っ
夜久 衛輔
夜久 衛輔
戻ったよ、お前に告白した日に
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
え?あの時…
孤爪 研磨
孤爪 研磨
聖奈がいるから言うのを躊躇った
夜久 衛輔
夜久 衛輔
俺たちはそう思ってる
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
でも俺…
夜久 衛輔
夜久 衛輔
じゃあそれをちゃんと七海に話してこい。
聖奈と別れたことも
七海のことが好きっていうことも
夜っ久んだって、好きなはずなのに…
孤爪 研磨
孤爪 研磨
夜久くんの言う通りだよ
夜久 衛輔
夜久 衛輔
俺はちゃんと振られてるから
彼はそう言って笑っていた。

_________ ドンドン!

誰かが扉を叩く音。
聞こえた声は聖奈の声だった。
早川 聖奈
早川 聖奈
…誰か!いませんか!!
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
聖奈
早川 聖奈
早川 聖奈
鉄朗くん…!
な、七海さんが…!!!
夜久 衛輔
夜久 衛輔
何したんだ!
早川 聖奈
早川 聖奈
2人で話してたら…
階段から落ちちゃって…!
夜久 衛輔
夜久 衛輔
突き落としたんじゃないだろうな!?
早川 聖奈
早川 聖奈
そんなことしません!!!
ただ、私が距離を詰めてしまって
後ろに下がった時に…
彼女は動揺していた。
故意にやったわけではないことは信じる。
ただ…
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
聖奈、お前…
早川 聖奈
早川 聖奈
…てつ、ろう…くん…?
黒尾 鉄朗
黒尾 鉄朗
七海はどこだ
早川 聖奈
早川 聖奈
…お、屋上の階段……
そう言われて、
俺は急いで屋上の階段に向かった。
更衣室の近くの階段でよかった。

七海、生きててくれ……
死なないで……くれ…

もう一度俺のそばで…笑ってくれ……

____________________

































_________ お願いだから死なないでくれ…













































_____________________
kuroo tetsuro side end...
_____________________