無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

449
2019/08/27

第8話

てー
家に帰ると晩御飯があるのは当たり前







当番制にしてるんだ俺の家は











で、今俺トイレいってたんだけど









ヨジャ1「うっざ、なんなの?」
ヨジャ2「テヒョンに声掛けんじゃねぇよ」






あーぁ、まーた始まった








ヨジャ2「聞いてんの?リナ!」








リナ「別に普通にしてるだけだし!みんなこ

そ!テヒョン疲れてるんだから!かっこいい

のは分かるけど、休ませてあげよーよ!」









リナ……












どうやらこの中の仮妻はリナとその他で割れてるのか








ヨジャ4「ねー、今日だってさ料理当番あなたなのに、変わりにしたり、いい子ぶってんじゃねぇよ!」






リナ「そんなつもりは、ただ、料理が好きなだけだから!」








ヨジャ4「ねぇ!横取りされたんでしょ?あなた?」








あなた「え?えっとぉ、別にぃもぅいい~~~だってぇ。ただ優しいだけかもしれないよォ?」






ヨジャ2「わ!よかったな!リナ!あなたが優しくて!」





ヨジャ3「優しすぎだろ?あなた」





ヨジャ5「感謝しろよ!」






あなた「い、いいよぉじゃ、もう寝るねぇ、私眠くなってきたからぁ」











ヨジャ1「おやすみあなた!そうだよ!洗い物なんか置いてりなに任せてしまお〜」



ヨジャ「そうね!後はよろしく〜」








そう言って







ヨジャたちが出ていく気がしたので慌てて隠れた








はじめにあなた、そこからヨジャとみんな寝に行ったようだ







俺はリビングに戻った