無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

499
2019/08/24

第3話

てー



1年前











そろそろ、俺らも共同生活を卒業かな?







少し寂しさを感じながらも










そう思っていた頃












RM「コンコン、失礼します」






代表に呼ばれて









部屋に入る










「これが届いた、後で読んでおいてくれ」










そう言われ









すぐに部屋を出されて







レッスン室に戻った








JM「これ、なんだろう」

JH「ナムジュン!早く開けよ!」

RM「みんな!こ、これ」 JN「え....」



JK「ん?7枚ある?1人ずつ?」

TH「BTS宛じゃないんだー」


SG「そこじゃないって」










あ....











その手紙は











JM「政,府か,ら.....?」














自分の手紙をひらく


















TH「一夫多妻制通知いっぷたさいせいつうち.....?」