プリ小説

第16話

13話
((後半から、イチャイチャあるかも...です、私の妄想、、入ってるかも...))




暗い闇の中...目の前に男の人が1人




前と同じ夢...でも、少し違う所がある...



それは男の人の顔がはっきり見えている事

亜嵐くんだ...亜嵐くんの顔...
深水〇〇
深水〇〇
___私は、あなたが好き
白濱亜嵐
白濱亜嵐
...俺を選んでくれてありがとう


亜嵐くんだったんだ...

最初から分かってたんだ...




そのまま亜嵐くんは闇の中へと消えて行った

...っ、行かないでっ、、行かないでよ
深水〇〇
深水〇〇
亜嵐くんっ、!行かないでッ...お願いッ
もう失いたくない...何もかも






パチッ...
佐野玲於
佐野玲於
おい、大丈夫か、?
ここは、?

ベッド...、?
深水〇〇
深水〇〇
佐野さん、?
深水〇〇
深水〇〇
なんで私はここに...
佐野玲於
佐野玲於
お前、倒れたんだぞ



あ、そうだ...


ハッ...亜嵐くんっ
深水〇〇
深水〇〇
ねぇ、!亜嵐くんはっ、!?
佐野玲於
佐野玲於
今寝てると思う


バサッ___
佐野玲於
佐野玲於
おい、どこ行くんだよッ!!
深水〇〇
深水〇〇
亜嵐くんの所に決まってるじゃんッ

亜嵐くんっ...



バンッ___
深水〇〇
深水〇〇
...っ、あらんくん、!
登坂広臣
登坂広臣
〇〇...起きたのか
小森隼
小森隼
〇〇、!?
数原龍友
数原龍友
大丈夫かっ、?!
亜嵐くんはベッドに寝ていた

深水〇〇
深水〇〇
...ねぇ、亜嵐くんは大丈夫なのっ?!死んでないよねっ?!...涙
登坂広臣
登坂広臣
まだ起きない...
登坂広臣
登坂広臣
ギリギリ命に影響はなかった…でもいつ起きるかは分からない...
小森隼
小森隼
...臣さん、龍友くん、2人だけにしてあげましょ
数原龍友
数原龍友
そやな...
登坂広臣
登坂広臣
わかった、


隼さんが気を使ってくれたのか、2人きりにしてくれた…




ねぇ、起きて、、、

私は亜嵐くんの手を強く握った


深水〇〇
深水〇〇
...ッ
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈





私は家に帰らず、ずっと亜嵐くんのそばにいた…




離れたら、その間に亜嵐くんが消えてしまいそうだから…



ご飯も全然食べてない...全ては亜嵐くんのため


コンコンッ
数原龍友
数原龍友
〇〇、
深水〇〇
深水〇〇
どうしたの...?
数原龍友
数原龍友
食欲ないのは分かる、けど何か食べないと、亜嵐くんより先に死ぬで、?
深水〇〇
深水〇〇
うんっ...
数原龍友
数原龍友
なんか簡単な物、作って持ってくるわ
深水〇〇
深水〇〇
...ありがとう


亜嵐くん、私はずっといるからね…

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


亜嵐side



手に暖かい温もり...それで目を覚ます







白濱亜嵐
白濱亜嵐
...〇〇、?
〇〇は俺の手をぎゅっと握りしめて寝ていた...

外は暗く、夜だとわかった
深水〇〇
深水〇〇
...ん、ん...亜嵐くん、?
あ、目ぇ覚ましちゃった笑
深水〇〇
深水〇〇
えっ!?亜嵐くんっ!?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ん、?どした?笑
深水〇〇
深水〇〇
...ジワッ涙
白濱亜嵐
白濱亜嵐
おいおいっ、なんだよっ笑
深水〇〇
深水〇〇
なんだよってッ、1週間も起きなかったんだからねっ!

え...まじか、



白濱亜嵐
白濱亜嵐
ごめん、〇〇...
あなたside

手に微かな動きを感じ取り、目を覚ました
深水〇〇
深水〇〇
...ん、ん...亜嵐くん、?


亜嵐くんがっ...起きてる!?


深水〇〇
深水〇〇
えっ!?亜嵐くんっ!?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ん、?どした?笑


なんでそんなに平気そうに笑うの、?

私はものすごく心配したんだよッ?



思わず涙が出てきた...




〜〜〜



白濱亜嵐
白濱亜嵐
ごめん、〇〇...


あ、...亜嵐くんが起きたんだ



気持ち、、伝えるの、忘れてた...
深水〇〇
深水〇〇
...ねぇ亜嵐くん、、契約の、話なんだけど…
白濱亜嵐
白濱亜嵐
えっ、まさか俺が寝てるあいだに、契約する相手決めたとかっ?!


はい、?
深水〇〇
深水〇〇
えっ、?違うからっ、!
白濱亜嵐
白濱亜嵐
あー、良かった(*^^*)
深水〇〇
深水〇〇
.....でさっ、その....///


言うんだ...気持ち...///



深水〇〇
深水〇〇
私、、亜嵐くんの事がッ...えっと///

そこまで言うと亜嵐くんがニヤニヤし始めた



絶対に分かってるでしょ...私の言いたい事...///
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ニヤニヤ、で、何?ニヤニヤ笑
深水〇〇
深水〇〇


ん...っ///、分かってるんでしょ!!?私の言いたい事!...
白濱亜嵐
白濱亜嵐
えー、わかんない、ニヤニヤ

なんなの...ほんとにっ///
深水〇〇
深水〇〇
///私は、亜嵐くんの事が、好きd ___



チュッ___
深水〇〇
深水〇〇
!?


い、今、、、!?
白濱亜嵐
白濱亜嵐
んふふっ、その言葉...待ってた笑
白濱亜嵐
白濱亜嵐
おれも、...好きです
白濱亜嵐
白濱亜嵐
ん、って事で...

ガブッッ...
深水〇〇
深水〇〇
...っ、ん///


好きな人から血を吸われるって幸せじゃない?














((なんか展開が早いてますよね、最後らへん自分で書いてて、恥ずかしくなりました笑あ、まだ続きあります))

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ここ
ここ
お願いします 中学1年生です
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る