無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11話 女子会
そして私は、歌い手になった。
黒花    ゆき
黒花 ゆき
うん!
上地   ゆい
上地 ゆい
やばい早く寝よ
そして、ホテルへ、かえってお風呂に入った
上地   ゆい
上地 ゆい
ねぇあのさ、ゆきって好きな人いる?
黒花    ゆき
黒花 ゆき
えっと、いるよ。
大城   ゆあ
大城 ゆあ
え?誰ー知りたい!
黒花    ゆき
黒花 ゆき
えっと、翼かな。
上地   ゆい
上地 ゆい
え?翼?なの?
黒花    ゆき
黒花 ゆき
うん
大城   ゆあ
大城 ゆあ
いいじゃんお似合い
上地   ゆい
上地 ゆい
応援してます
黒花    ゆき
黒花 ゆき
ありがと〜
おふろからあがった
先生
先生
みんな寝てください!
黒花    ゆき
黒花 ゆき
はーい
上地   ゆい
上地 ゆい
ねぇゆあ言う?
大城   ゆあ
大城 ゆあ
うん…
黒花    ゆき
黒花 ゆき
どうしたの?
上地   ゆい
上地 ゆい
落ち着いて聞いてね。
黒花    ゆき
黒花 ゆき
うん。
大城   ゆあ
大城 ゆあ
私たち歌い手なの。
黒花    ゆき
黒花 ゆき
えー
上地   ゆい
上地 ゆい
だから、ゆきも入って欲しいなと思って
黒花    ゆき
黒花 ゆき
え?私でいいの?ブスだし、センスないよ?
大城   ゆあ
大城 ゆあ
でもいいの。
黒花    ゆき
黒花 ゆき
分かった。いいよ
上地   ゆい
上地 ゆい
ありがとう😊
先生
先生
起きてませんよねー!
大城   ゆあ
大城 ゆあ
うん