無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話 愛の告白
私は、気まずいまま、学校に来た…
黒花    ゆき
黒花 ゆき
お、おはよう
横目   翼
横目 翼
おう
チャラ男
チャラ男
おはよぉゆき
そして、理科の時間男女ペアーを作ることになった。
横目   翼
横目 翼
俺は、ゆきとやろうと思ったけど、いつの間にかチャラ男に取られていた
チャラ男
チャラ男
よしゆき、やろうか。
黒花    ゆき
黒花 ゆき
私も、翼とやりたかったけどいじめっ子が怖くて話しかけれなかった
チャラ男
チャラ男
お、おーい
黒花    ゆき
黒花 ゆき
あ、ごめん
チャラ男
チャラ男
大丈夫?
チャラ男は、いじめっ子のところを見ていた
チャラ男
チャラ男
大丈夫、俺が守ってあげるから
横目   翼
横目 翼
俺は、その話を聞いて、イライラした
そして、放課後、俺はゆきを読んだ
チャラ男
チャラ男
ゆきって好きな人居る?
黒花    ゆき
黒花 ゆき
え?なに急に
チャラ男
チャラ男
だって俺…
チャラ男
チャラ男
ゆきのこと好きになっちゃったかも
私は、その話を聞いて、頭が真っ白になった