無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

夜の出来事2
気のせいかもしれないけど


後ろからずっと足音が聞こえてくる。


夜一人で歩くとか初めてだし


めっちゃこわい


振り返って確認したいけどそんな勇気ないし。


ちょっとスピードを早めると、

足音も早くなって。



ふいに、大地先輩の声が聞きたいと思い、


もう耐えきれなくて大地先輩のスマホに電話をかけた。



ーぷるるるるる



大「あなた?こんな時間にどうした?」



2コールほどで大地先輩は電話に出てくれて。



「大地せんぱっ、、今塾の帰りでっ、」


大地先輩の声に安心して、泣きそうになる


大「…1人?」


「1人ですっ…こわい、」



そう言うと、大地先輩は

「は?1人?」


と小さく呟いて、


大「いまどこなの?」


と大地先輩らしくない口調で聞いてきた。


「えっと…」


公園の近くです…と小さな声で言うと


大「今から行くから歩いてろ」


と優しく言ってくれて。


大地先輩の声聞けて安心した。


スマホのロック画面を見ると、


大地先輩との写真が目に入って。


…会いたいなあ。


心からそう思った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

そ。
そ。
❁⃘ハイキュー ❁⃘星野源 ❁⃘東海オンエア ❁⃘クイズノック *.JC3 亀更新気味…。 ちなみに箱推しよりのとしみつ推しです() リクエストめっちゃ受け付けてます☂︎*̣̩⋆̩*
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る