無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

夜の出来事
友「え、あなた今日歩きなの?!」

そんな友達の声が響いたのは、夜の10時。


塾帰りはいつもお母さんが迎えに来てくれるけど、今日はこれなくて。


不幸なことにみんなと家が真反対で、
一人で帰ることになる。


「そうなの、またね〜」


そう言って友達に手を振ると、

気をつけるんだよ!!


なんて声が聞こえてきて。


…できるだけ気をつけます


と心の中でつぶやき、

重い足を引きずるように歩き出した。



ーぴこん

急に通知音がなって

LINEを開くと友達からで。


さっき喋ってた友達から



“不審者に気をつけてね“



なんて言われた。



もっと不安になるじゃんこんなの…


返事をする余裕もなくて、返信しないままスマホをポケットにしまった。



下校中はすぐ家に着くのに、夜1人で歩いていると、すごく長く感じる。



大地先輩にLINEしようかと思ったけど


迷惑かけたくないし…



早歩きで帰ろう。



そう思って歩くスピードを少しだけ早めた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

そ。
そ。
❁⃘ハイキュー ❁⃘星野源 ❁⃘東海オンエア ❁⃘クイズノック *.JC3 亀更新気味…。 ちなみに箱推しよりのとしみつ推しです() リクエストめっちゃ受け付けてます☂︎*̣̩⋆̩*
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る