無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

251
2018/11/30

第17話

じ ゅ う ろ く
ある日_____
ジンの秘密を知ってから私は1人で学校に行ってる.
ジンは私の気持ちなんか分からず女子と話してる.
女子
女子
ねー!ジン君ッ❤️
ジン
ジン
んー?どーしたの?😊
女子
女子
今日の放課後暇ー?
ジン
ジン
暇だよッ!遊ぼー
女子
女子
やったー!じゃあ一緒に帰ろ!
ジン
ジン
いいよ!
ほら.自分から誘ってる.
なんで?私のこと嫌いになったの?
私の気持ちなんか分からないよね.
私は1人で泣いた.
それをテテに見られてた.
私は人目があまりないところに走った.
後ろからテテも追いかけてくる.
テテ
テテ
ハァハァ
テテ
テテ
なぁあなた、どしたんだ?
あなた
あなた
なんでもないよ
テテ
テテ
なんでもないなら泣かねーだろ
テテ
テテ
あいつのことか?
あなた
あなた
うんッ(;_;)
なんかさ,前までは私のこと好きって言ってくれたのにさ,自分から女子誘ったり一緒に帰ろとかゆってるんだよ?
あなた
あなた
もうさ,見てるの辛いの
テテ
テテ
おかしくね?ちょっと俺ゆってくる
テテが教室に戻る.
そのときもジンは女子と楽しそうに話して…
テテ
テテ
ハァハァ…
テテ
テテ
ジン、話がある
ジン
ジン
え?俺いま話してたんだけどー?
テテ
テテ
じゃあお前、あなたとこっちどっちが大事なんだよ
女子
女子
ジン君!私の方が大事だよね?
ジン
ジン
え、それはこっちだけど
テテがジンを殴る
テテ
テテ
お前さー、どんだけあなたを傷つけたら済むと思ってんの?どんだけあなたが傷ついてるか分かってんのか?
テテ
テテ
お前はさ、わかってないとおもうけどあなた辛い思いしてんだよ.
あなたはさ、お前のこと信じてたのに、親友としてお前もう無理だわ
ジン
ジン
そ、それは…
ジンが教室から出ていく
女子
女子
テテ君ッジン君ってあなたと付き合ってたの?
テテ
テテ
そーだけど
女子
女子
小声で))はぁーあなたがなんでジン君と?
テテ
テテ
なんかゆった?
女子
女子
なにも
テテside 
やっぱ俺あなたのこと好きかも.