無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話【悔しさ・そして悲しみ】
ドタドタ
おそ松
おそ松
もうちょっと静かに歩けないもんかねぇ、、
まぁこの家には今は俺含めて3人しかいないわけだけど、
おそ松
おそ松
まさか、ここで、、、、おっぱじめるつもりか?!
やばい、最悪だ、見たくもない、、、
カラ松
カラ松
一松、、
一松
一松
なに?
カラ松
カラ松
好きだ
チュ
一松
一松
んっ、俺も
そしてまたキスを続ける
おそ松
おそ松
・・・
あぁ、始まってしまった、最悪だ、
好きな奴がほかのやつとキスしてるなんて、
死にたい、
ふと、気を緩めた瞬間
ゴト
おそ松
おそ松
あ!?
一松
一松
!?
カラ松
カラ松
誰かいるのか?
おそ松
おそ松
ニャ、ニャー
一松
一松
なんだ、ネコか、続けよカラ松
カラ松
カラ松
ん?
カラ松
カラ松
あ、あぁ
おそ松
おそ松
しまったぁぁ!どっちみちこれは止められないのか!
待て、、キスの後の後といえば、、、、、