無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

372
2021/06/11

第11話

久しぶりなのだぞ
黄瀬涼太
黄瀬涼太
……あなたッチ、アホ毛が荒ぶってるッス
(なまえ)
あなた
先輩を付け……え??アホ毛が??
黄瀬涼太
黄瀬涼太
はいッス
そそくさと、涼太の後ろに隠れる
黄瀬涼太
黄瀬涼太
どうしたんスカ??
何かが来る……絶対に
(なまえ)
あなた
涼太、警戒を怠るな
緑間真太郎
緑間真太郎
お前の双子座は今日の運勢最悪だったが
まさか負けるとは思わなかったのだよ
アホ毛センサー察知!!
黄瀬涼太
黄瀬涼太
見に来てたんスカ、緑間ッチ
緑間真太郎
緑間真太郎
ま、何方が勝っても不快な試合だったが
(なまえ)
あなた
(んだとテメェ舐めとんのかワレェ)
黄瀬涼太
黄瀬涼太
中学以来ッスねお久しぶりッス
テーピングも相変わらずッスね
つか、別にダンクでも良いじゃないッスか
入れば
緑間真太郎
緑間真太郎
だからお前は駄目なのだよ
近くからは入れて当然
シュートは遠くから入れてこそ
価値があるのだ
緑間真太郎
緑間真太郎
人事を尽くして天命を待つと言う言葉を
習わなかったか、まず最善の努力
そこから初めて運命に選ばれる
資格を持つのだよ
タオルをバサっと投げる
そもそも、タオルって投げたらひらひらってなって
ちゃんとし手元に来ないのに
緑間真太郎
緑間真太郎
ちなみに俺は人事を尽くしている
そして、おは朝占いのラッキーアイテムは
必ず身に付けている
緑間真太郎
緑間真太郎
ちなみに今日は、蛙の玩具だ
だから俺のシュートは落ちん
黄瀬涼太
黄瀬涼太
(毎回思うんスけど最後の意味が分からん)
黄瀬涼太
黄瀬涼太
(これがキセキの世代No1シューター)
黄瀬涼太
黄瀬涼太
つか俺より黒子ッチと話さなくていいんスカ
緑間真太郎
緑間真太郎
必要ない、A型の俺とB型のアイツは
相性最顎なのだよ
アイツのスタイルは認めているし
むしろ尊敬すらしている、だが
緑間真太郎
緑間真太郎
誠凛など無名の新設校にいったのは
いただけない
黄瀬涼太
黄瀬涼太
いだだだだ!!
緑間真太郎
緑間真太郎
どうしたのだよ
真太郎の言葉にイラッとした私は
涼太をギュッと力強く掴んだ
黄瀬涼太
黄瀬涼太
あなたッチ、そろそろ離れて
痛いっスぅぅぅぅ!!
緑間真太郎
緑間真太郎
なっ!?
(なまえ)
あなた
(#^ω^)
緑間真太郎
緑間真太郎
せ、先輩!!
(なまえ)
あなた
(#^ω^)
緑間真太郎
緑間真太郎
久しぶりなのだよ!!
(なまえ)
あなた
(#^ω^)
緑間真太郎
緑間真太郎
な、何か怒って居るのですか??
(なまえ)
あなた
誠凛馬鹿にしたなコラァ(#^ω^)
緑間真太郎
緑間真太郎
ま、まさか
(なまえ)
あなた
誠凛は、私の入った高校ですぅー
緑間真太郎
緑間真太郎
………おは朝占いが外れたのだよ
(なまえ)
あなた
じや、ばいばい
緑間真太郎
緑間真太郎
ま、待つのだよ!!
(なまえ)
あなた
待てないわ☆(ゝω・)vキャピ