無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

106
2021/10/10

第4話

4.☀️🌙

道「西畑、大吾 西畑、大吾…」

長「みっちーさっきから怖い」

道「誰だよアイツ!」

長「ほら、四ノ宮さん入ってきたよ」

道「?!」




長「四ノ宮さん!おはよ!」

あなた「あ、おはよう」

長「ほら、みっちーも!ボソ」

道「あ、え、」

あなた「おはよう






道枝くん」





名前、呼んで、くれた


道「お、おはよう!」




長「みっちーすごいやん!」

道「名前、呼んでくれた、!!!!」



?「あなたー」

あなた「あ、大ちゃん」


道「(振り向く)?!」



西「あなたノート貸して!」

あなた「え、また?笑」

西「忘れたんだよぉぉ。お願い!」

あなた「なんの教科でいつのやつ?」

西「歴史で昨日!」

あなた「ちょっと待ってて」



道「西畑大吾…」

長「強いな…」



あなた「…あ、私も書いてない」

西「え、嘘」

あなた「本当。他の人に頼んで。さ、帰った帰ったー」

西「えぇぇぇ」




長「なぁ、四ノ宮さんって西畑くんと付き合ってるん?」

あなた「え、付き合ってないよ。なんでそうなるの、笑」


笑った……可愛すぎる!!!!


長「そうなんや!ありがとー」




長「よかったやん!ボソ」

道「でも、西畑大吾の方は絶対好きボソ」

長「それは思う。ま、このイケメンみっちーならいけるさ!」



いい友達持ったな…ありがと謙社