無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

114
2019/03/06

第4話

おいていったもの(Fischer's)
帰り道の人混みの中一人で歩いていくよ

夕日がやけに眩しくて不意にキミの御影が

浮かんだ寄り添った日々交わしたキス

瞼にこびりついて消えてくれないよ

背伸びをまま取れないとわめく君

なんだか微笑ましくて

こんな日々がこの先もずっとずっと続くと

思ってた抜け殻の僕の部屋の中には君の

使ったままのアイロンが

それを見ただけで今涙がポロポロ溢れてきた

5年ぶりの1人の夜をこれから過ごさないと

行けないあっそうかこれからはずっと

君のいない部屋になるんだ

新婚旅行なりげない会話

かけがえのない日々胸に蘇る

背伸びをしたまま取れないとわめく君

背が少し小さくて

僕が代わりに上の棚のもの取ってあげていた

抜け殻の僕の部屋の中には君の脱ぎっぱなしのスニーカー

それを見ただけで今涙がポロポロ溢れてきた

こんなにも人を愛したことなんて

今まで一度もない

部屋の片隅にずっとずっとずっと蹲っていた

抜け殻の僕の部屋の中には

君の使ったままのアイロンが

それを見ただけで今涙がポロポロ溢れてきた