無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

36
2019/04/10

第14話

ウミユリ海底譚
待ってわかってよなんでもないから
僕の歌を笑わないで
空中散歩のSOS
僕は僕は僕は
今灰に塗れてく海の底
息を飲み干す夢を見た
今揺らぎの中空を眺める
僕の手を遮った
夢の跡が君の嗚咽が吐き出せない
泡氵末の庭の隅を
光の泳ぐ空にさざめく
文字の奥
波の狭間で君が遠のいただけ
なんてもっと縋ってよ
知ってしまうから
僕の歌を笑わないで
海中列車に遠のいた涙なんてなんて
取り去ってしまってよ
行ってしまうなら
君はここに戻らないで
空中散歩と四拍子
僕は僕は僕は

今灰に呑まれてく空のそこ
灰の中で夢を書いた
今心の奥消える光が君の背をかき消した
触れる跡が夢の続きが始まらない
僕はまだ忘れないのに
光に届く波に揺らめく
僕の心に君が手を振っただけ
なんてそっと塞いでよ
もう要らないからそんな嘘を歌わないで
信じてたって笑うような
ハッピーエンドなんて
逆らってしまってよそんな世界なら
君はここで泊まらないで
泣いて笑ってよ一等星
愛は愛は愛は
消えない君を書いた僕にもっと
知らない人の吸った愛を
僕を殺しちゃった期待の言葉とか
聞こえないように笑ってんの

なんて待ってわかってよなんでもないから
僕の夢を笑わないで
海中列車に遠のいた涙なんてなんて
消え去ってしまってよ
行ってしまうなら
僕はここで止まらないで
泣いて笑ってよSOS僕は君は僕は
最終列車と泣き止んだあの空に溺れていく