無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

騙されろ、夏に(candyorwhip)
そろそろ夏を始めようか
来るの?来ないの?準備はいい?
世間の評価気にしてまだ待っているの?
あぁ馬鹿らしい
周りを見すぎてると自分失ってしまうぞ
あなたの思うままで気にせず
あれもこれもぶった斬って
世界の全人口76億人
みんなから好かれてもさ
しょうがないだろう?
夏の太陽は少し明るくて匂いに操られる
このままでこのままでいてくれない?
やつの言葉は焦がれて消えたし
今年の記憶奪う
そのままでそのままでもういらない
そろそろ君は気づけてる?
自分自身を騒がすもの
心の中の理由なんて捨ててしまえ使わぬなら
いつ終わる?分からないそれが人生だろ?
ほらそれならもう答えは出てる
あれもこれもやってみろよ!
本当は夢があってでも叶わないかもと
押し殺している君を殺してやる
花火の音が僕だけ鼓動を
鳴らして叫んでいる
まだ行けるまだ行ける足とめるな
うるさいセミのあの鳴き声はさ
明日も聞こえるのか?
いつまでもいつまでも叫んでやれ
ウザイくらい暑い夏が少し少し涼しいのは
なぜだか気分が悪いどうして?
夏の夏の太陽は赤いふりのまま
来年に消えていく
今度こそ今度こそ自分の手で
夏の太陽は少し明るくて
匂いに操られる
このままでこのままでいてくれない?
奴の言葉は焦がれて消えたし
今年の記憶奪う
そのままでそのままでもういらない