無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

27
2019/05/18

第22話

或る化け猫の恋物語
隠し通せぬならば
全て失っていい
そう契って人と恋に落ちた
化け猫の話
恋人をなくした君に
笑顔を取り戻したくて
僕は彼に化けて生きると
満月に誓う
泣き崩れた君を
強く抱き締めいった
「もう1人にしないよ」
あぁ神様僕は残酷だ

記憶喪失を演じてさ
でもその笑顔のためなら
どんな嘘も罪も許される
そんな気さえしてた

あるよ君は切り出した
ねぇあなたの瞳は
彼とは違ってるわ
だけど構わないの
震え出した僕を
君は抱きしめ泣いた
「もう1人にしないで」
あぁ神様これがバツですね
化けの皮が剥がれ
人の言葉も失って
逃げる僕の背中に君は言った
「ありがとう」と
あぁ罪深い僕を君よ
どうか憎んでおくれ