無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

40
2019/04/09

第12話

ナナイロの糸(Fischer's)
雨音が忙しそうにアスファルトを叩く

僕は避けるように雨宿り

都会の風が濡れた心を差す

誰かの温もりを探してたんだ

君との出会い差し込む日差し

久しぶりなんだこんな気持ち

共にいればさえなかった日々の全てが

カラフルに染まり

雲間に覗く空君にも見せたいな

ナナイロの糸が僕らをつなぐ

誰よりも誰よりもほっとけない人

ずっとそばで笑っていて欲しいんだ

重なり合い捻れ合い紡いでいく糸を

何があっても決して離さない

何も無かったように強がる君を見て

僕にできることはなにかと考える

気持ち伝えようと思えば思うほど

ぴったりな言葉がまだ見つからない

何度もしたね2人の話

それもまだまだ失敗ばかり

空模様のように移り気な心の天気予報のように

分かれば楽なのにでも分からないから

下手くそでもいいや思いをそのまま

誰よりも誰よりもほっとけない人

ぶつかり合ってまた好きなところ見つけ

深まる愛捻れ合い強くなっていく糸が

絶対切れない絆になる

誰よりも誰よりもほっとけない人

ぶつかり合ってまた好きなところ見つけ

深まる愛絡み合い強くなっていく糸が

絶対切れない絆になる


誰よりも誰よりもほっとけない人

ずっとそばで笑っていて欲しいんだ

重なり合い捻れ合い紡いでいく糸を

何があっても決して離さない