無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

537
2020/11/24

第7話

六男の悩み事
私は六男、阿部亮平様のお部屋に来ている。だが、ノックをしても反応が無い。
佐久間大介
佐久間大介
どーしたの?あなたちゃん
(なまえ)
あなた
おや、大介様
佐久間大介
佐久間大介
若しかして阿部ちゃんに用事?
(なまえ)
あなた
えぇ。まぁ、そうなのですが。反応が無くてですね
佐久間大介
佐久間大介
あー…………ちょっと待ってて!照にぃ呼んでくる!
そう言ってパタパタと走り去る。その後、照様と共に戻って来られた。
岩本照
岩本照
阿部はまたやられたのか……おーい。阿部。起きてるか〜?
阿部亮平
阿部亮平
五月蝿い…来ないで…
ドアの向こうから微かに声が聞こえる。その声は震えていた。
岩本照
岩本照
嗚呼。中には入らねぇけど、あなたが相談に乗ってくれるってよ?どーする?
阿部亮平
阿部亮平
後ででいい…今は…来ないで…
岩本照
岩本照
だとよ。大変だなぁあなたも
(なまえ)
あなた
否、慣れていますので。後でゆっくり聞こうと思います。
佐久間大介
佐久間大介
あ!じゃあ俺の悩み事聞いてよ!ね!ね!
(なまえ)
あなた
構いませんよ
六男の阿部亮平様はお食事の時も、皆様が集まる時間の時も決して部屋から出て来られない。それにはある理由がある。その理由もおいおい話して行こうと思う。
私は大介様の後ろを着いていく。着いたのは、離れにある大介様の二つ目のお部屋。
佐久間大介
佐久間大介
此処ならお父様にバレずに話せるかな〜って思ってね!
(なまえ)
あなた
左様ですか
ニコッと笑ってみせる。部屋の中には亮平様が幼少期に使っていた物や、現在でも使うであろう衣服等が置いてある。
佐久間大介
佐久間大介
此処ね〜。皆の相談部屋にしてんの!此処で皆で相談したりトランプとかで遊んだりしてるんだぁ〜♪
両手をめいいっぱい広げわははっと笑う大介様。だが、その顔は何処か悲しそうでもある
(なまえ)
あなた
無理に笑わなくとも良いと思いますが
そう言うと、ピタッと彼の動きが止まる。彼は元気で笑顔なのが取り柄だ。だが、元気で笑顔なのがまた、問題になる時もある。
佐久間大介
佐久間大介
にゃははっ!バレた?
(なまえ)
あなた
えぇ。バレてますよ。其れで、御相談事とは何でしょう?
佐久間大介
佐久間大介
実はさ……阿部ちゃんの事
私は頷いた。泣き出しそうなる彼を宥めながら話を聞く。
続く