無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

カラダ探し
あなた

ダメだ…考えが止まらない





「赤い人」が来ないうちに右から探そう。
















しばらく立ち止まり考えてから結論を出した時だった。





















神宮寺
神宮寺
うわああああああああッ!!!
く、くるなああああああああッ!!!










じんの叫ぶ声が校舎中に響き渡り走ってくる音が


















……こっちに近づいてくる?!


















あなた

嘘でしょ!?なんでこっちにくるの…!!!







急いで北側の教室に逃げ込みその場にしゃがむ














来ないで…!












祈るように心の中で叫ぶ。















その祈りが通じたのか三階に上がったじんは












こちらではなく、


















南側へ向かったようだった。










だとすればきっとじんは二階に行く。











そこには…紫耀がいる。









鉢合わせてしまえば、二人とも死んでしまうかもしれない。











でも私が行っても助けることはできない。














今、私ができることは「カラダ」を探す事だけ__













部屋を見回してみる。













ぱっと見カラダは見つからない。















ポンって置いてあるわけないよね。












だとするとゴミ箱とか掃除用具が入ったロッカーとか。











携帯の光を頼りにしてロッカーへと近づいた。










そして、ロッカーへ手を伸ばしたその時だった。

























平野
平野
や、やめろぉぉぉ!!
た、助けてッ…!誰かあああ!
うッ…

















すぐそこで紫耀の悲鳴が聞こえた。










どうして紫耀の声が…?














「赤い人」はじんを追いかけてたんじゃないの?











じんはどうなったの?












死んだの?










それとも、もしかして紫耀に「赤い人」を押しつけて?












そんな事を考えていた時。
















赤い人
赤い人
あ〜かい ふ〜くをくださいな〜
し〜ろい ふ〜くもあかくする〜
まっかにまっかにそめあげて〜
お顔もお手てもまっかっか〜









低い声で唄いながらこっちへ向かってきた

























ペタ((足音












ペタ

















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓡.🥀.₊̣̇.低浮上ෆ˟̑
𝓡.🥀.₊̣̇.低浮上ෆ˟̑
お ー ぷ ん 🔻 本名公開するわぁ() りなです。笑 🦍埼 玉 住 み の J C 1 🦊F C 会 員 🐤ば す け 部 🐵語 彙 力 な い で す ご め ん な さ い 🐒神 担 →→ 永 瀬 廉 クン 🐼担 当 →→ 神 宮 寺 勇 太 クン フォロー対象👇 大切サン 気になりサン 尊敬サン 同い年サン 大切サン サ チ さ ん ‪⸜❤︎⸝‬ ゆ ず ‪⸜❤︎⸝‬ の あ ‪⸜❤︎⸝‬ ゆ あ ‪⸜❤︎⸝‬ ふ う か ‪⸜❤︎⸝‬ み ゆ う ‪⸜❤︎⸝‬ り ん ‪⸜❤︎⸝‬ さ く ら ‪⸜❤︎⸝‬ う る ‪⸜❤︎⸝‬ こ こ ‪⸜❤︎⸝‬ か ん な ‪⸜❤︎⸝‬ ほ の か ‪⸜❤︎⸝‬ さ く ら ‪⸜❤︎⸝‬ 🎀🍼 みゆうちゃま、、、笑 りゅがたんとイニシャル同じ発狂😳 く ろ ー ず 🔺
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る