無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

カラダ探し

そんな足音が教室前の廊下から聞こえる









歌とペタペタという足音












それがこの教室の前で止まり聞こえなくなった











痛いほどの静寂に息も出来ずに震えていた時










校内放送が流れた。















放送
「赤い人」が工業棟一階に現れました。
皆さん、気をつけてください。








そうか。「赤い人」は突然現れて突然消えるのか。











そう、私は理解した。

















私は紫耀のことが気になって教室を出た










あなた

紫耀、大丈夫だよね?生きてるよね…?

















叫び声は階段の方から聞こえた。
















紫耀が死んだなんて思いたくない。


















でも、私が照らし出した階段の踊り場には…













ものすごい力で潰されたであろう上半身がその下半身の上に覆いかぶさるようにしてあった











あなた

しょ、紫耀…あああ

あなた

もう、嫌だよ…






















私は再び教室へ戻って開けようとしていたロッカーへと歩を進めた










そして、ロッカーの前に立ちゆっくりとそれを開けた。












と、同時に私に倒れかかってくるモップ











あなた

きゃあああああっ!






思わず声をあげてしまった。


















倒れたモップを拾い上げて戻そうとしたその時だった。

























ポンっと、誰かが私の右肩に手を置いた。












肩に置かれたその手に私は恐怖した。














「赤い人」は工業棟にいるはずなのにもうここまできたの?












私は怖くて振り返ることができない。











もし赤い人を見てしまったらもう振り返ることができないから。











でも振り返らなくてもこの状況なら殺されてしまう。
















神宮寺
神宮寺
ハァ、ハァ、あなたここに…いたのか





その声はじんのものだった。











神宮寺
神宮寺
あ、危なかった…。紫耀が…紫耀がいなかったら、俺…死んでた






「紫耀がいなかったら俺死んでた」?












あなた

紫耀がどうなったかじんは知ってる?

神宮寺
神宮寺
あぁ。見た…ひどいよな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓡.🥀.₊̣̇.低浮上ෆ˟̑
𝓡.🥀.₊̣̇.低浮上ෆ˟̑
お ー ぷ ん 🔻 本名公開するわぁ() りなです。笑 🦍埼 玉 住 み の J C 1 🦊F C 会 員 🐤ば す け 部 🐵語 彙 力 な い で す ご め ん な さ い 🐒神 担 →→ 永 瀬 廉 クン 🐼担 当 →→ 神 宮 寺 勇 太 クン フォロー対象👇 大切サン 気になりサン 尊敬サン 同い年サン 大切サン サ チ さ ん ‪⸜❤︎⸝‬ ゆ ず ‪⸜❤︎⸝‬ の あ ‪⸜❤︎⸝‬ ゆ あ ‪⸜❤︎⸝‬ ふ う か ‪⸜❤︎⸝‬ み ゆ う ‪⸜❤︎⸝‬ り ん ‪⸜❤︎⸝‬ さ く ら ‪⸜❤︎⸝‬ う る ‪⸜❤︎⸝‬ こ こ ‪⸜❤︎⸝‬ か ん な ‪⸜❤︎⸝‬ ほ の か ‪⸜❤︎⸝‬ さ く ら ‪⸜❤︎⸝‬ 🎀🍼 みゆうちゃま、、、笑 りゅがたんとイニシャル同じ発狂😳 く ろ ー ず 🔺
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る