無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

556
2019/08/28

第25話

カラダ探し




















.




























放送
「赤い人」が西棟屋上に現れました。
みなさん、気をつけてください。














いつもとは違う校内放送に私達は顔を見合わせた。










平野
平野
屋上…外なのに屋上には出られるの?
永瀬
永瀬
と言うことは…屋上から長いロープでも使えば外に出られんじゃね?
岩橋
岩橋
廉、校門から出られないこと忘れてない?
永瀬
永瀬
あ、そっか。じゃあダメやな。
あなた

でも「赤い人」が屋上にいるってことは屋上にもカラダがあるってこと?

永瀬
永瀬
可能性はあるよな。屋上の避雷針に遥の頭が刺さってたりして?ごめん、まじで笑えないわ。
あなた

廉も紫耀も玄樹もさ、もし遥の頭見つけたら持てる?

岩橋
岩橋
そんなのあいつらにやらせればいいでしょ。想像しただけで気持ち悪い…










玄樹がそういった時だった。














屋上の話が出たからふとその方向を見てしまった私。










その屋上から、笑いながらこちらを見ている「赤い人」と目があってしまったのだ。










平野
平野
あなた?どうしたの?
あなた

ごめんみんな。私…「赤い人」を見ちゃった。だからここから離れるね

永瀬
永瀬
え?嘘やろ?でも振り返らなければええやん?だったら…
あなた

「赤い人」はこっちを見て笑ってたの…だから絶対ここに来るよ!私が囮になるから3人は体育館を調べて!1つでも調べる場所を減らしといてね











私は3人に微笑み、その場から逃げるように駆け出した。










入り口まで走り、「赤い人」が開けたドアの隙間に身をすべらせる。











体育館を出てすぐにある、海人の亡骸を避け、私は走った。















































































そして私は放送室を探した。










放送室に行けば何かがわかると思ったから。












あなた

放送室…放送室…あった、東棟の二階











それを確認した時、西棟から聞こえたあの笑い声。



















赤い人
赤い人
キャハハハハハハハハッ!





















教室を2つ過ぎるとそこには「放送室」と書かれたプレートが掲げられた部屋があったのだ。











あなた

はぁ…はぁ…放送室って、こんなとこに…あったんだ…












胸に手を当て、呼吸を整えて私は放送室のドアノブに手をかけたその時____。