無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

カラダ探し












.






















































































放送
「赤い人」が西棟三階に現れました。
皆さん、気をつけてください。








校内放送が流れた。










でも、西棟三階ならここに来る可能性も低いはず…










それに少し安心して俺達はあなたを慰めた










永瀬
永瀬
そういえばさ、気になってることがあるんやけど…
平野
平野
何が気になるん?
永瀬
永瀬
んー、今の校内放送やけどさ、誰が喋っとんの?
岩橋
岩橋
まぁ確かに…
永瀬
永瀬
それに、校内放送って「赤い人」が現れた場所を教えてくれるん?それとも校内放送の通りに「赤い人」が現れるん?どっちやろ?
平野
平野
じゃあ廉は放送室に誰かいてその誰かが「赤い人」を好きな場所に出してるって思うの?
永瀬
永瀬
まぁ、俺が思ってることやから違うかもしれんけどな





その確証はないけど違うとも言い切れない__

































































あなた

3人とも…ありがとう。もう、大丈夫…だから…











涙を拭いながら俺達にそういうあなただったが、その手はまだ小刻みに震えていた




























あなたは大丈夫と言っているけど…とても大丈夫そうには見えない










平野
平野
あなた、無理しないで。「赤い人」もまだ遠くにいるからさ。まだ休んでなよ







俺は優しくあなたの頭を抱きしめて頬を寄せる












大切な友達…いや、大切な人だから












永瀬
永瀬
そうやで。あなた。俺達に任せてもう少し休んどきぃ







そう言い、笑顔を向ける廉が部屋の中を物色し始めた。










永瀬
永瀬
うーん、ないなぁ。隣の部屋行ってくるわ。行こ。玄樹
岩橋
岩橋
あぁ、うん









廉はそう言うけれど4人で動かなきゃまたいつ海人が襲ってくるかわからない。











いや、海人だけじゃない。あれほど言い合った神宮寺の方が怖い。










平野
平野
廉、玄樹、4人で固まって動こうよ
永瀬
永瀬
あー、そうやね。皆で一緒に行かなきゃや















あなたの肩に手を回してそっと立たせる。












そして、廉達と一緒に教官室を出た時だった。






























































































放送
「赤い人」が生徒玄関に現れました。
皆さん、気をつけてください。





























































再び校内放送が流れた。













永瀬
永瀬
生徒玄関…かなり近くや!











俺たちはどうすればいいのか。










チラリと目をやった体育館の入り口










俺達が開けたままの状態で「赤い人」が見ればここにいることがわかってしまう












永瀬
永瀬
紫耀、あなた、玄樹!扉を閉じよう!














廉の言葉で扉に向かって走り出す。












そして扉の前に来た時に俺が見たものは…




























廊下の向こうからこちらに向かって走ってくる人影。










「赤い人」に追われてる…?














永瀬
永瀬
誰か来た!扉はよ閉めや!









廉の判断は早かった。












俺達はその重い扉を力一杯押して…それは閉められた。










そして…。





































ドンッ!と向こう側で誰かが扉にぶつかった音が聞こえた。










髙橋
髙橋
あ、開けてッ!「赤い人」が…「赤い人」が来てる!



























それは海人の声だった。












永瀬
永瀬
開けるわけないやろ!お前、自分が何したかわかっとんの?!
髙橋
髙橋
俺だって何が何だか…!でも謝るよ!ごめん!ごめんって!早く開けて!お願い!
平野
平野
謝って済む問題じゃないだろ!こんな時に…何を思ってあんなことをしたんだよ!
髙橋
髙橋
助けて!…助けてッ!ああああっ!放せ!
あなた

海人…もういいから。うるさいから死んでよ














あなたがそういった直後だった。






















ドサっという何かが落ちる音が聞こえたのは。











今のは海人の上半身が落ちた音?










そして、海人が死んだということは…











































扉を挟んで「赤い人」がいるということ__。










































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

𝓡.🥀.₊̣̇.低浮上ෆ˟̑
𝓡.🥀.₊̣̇.低浮上ෆ˟̑
お ー ぷ ん 🔻 本名公開するわぁ() りなです。笑 🦍埼 玉 住 み の J C 1 🦊F C 会 員 🐤ば す け 部 🐵語 彙 力 な い で す ご め ん な さ い 🐒神 担 →→ 永 瀬 廉 クン 🐼担 当 →→ 神 宮 寺 勇 太 クン フォロー対象👇 大切サン 気になりサン 尊敬サン 同い年サン 大切サン サ チ さ ん ‪⸜❤︎⸝‬ ゆ ず ‪⸜❤︎⸝‬ の あ ‪⸜❤︎⸝‬ ゆ あ ‪⸜❤︎⸝‬ ふ う か ‪⸜❤︎⸝‬ み ゆ う ‪⸜❤︎⸝‬ り ん ‪⸜❤︎⸝‬ さ く ら ‪⸜❤︎⸝‬ う る ‪⸜❤︎⸝‬ こ こ ‪⸜❤︎⸝‬ か ん な ‪⸜❤︎⸝‬ ほ の か ‪⸜❤︎⸝‬ さ く ら ‪⸜❤︎⸝‬ 🎀🍼 みゆうちゃま、、、笑 りゅがたんとイニシャル同じ発狂😳 く ろ ー ず 🔺
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る