無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,437
2021/01/12

第152話

さくら組。
スタッフ「お疲れ様でしたー!」





桃瀬「あなたはすぐドラマ撮影だから急いで。
駐車場で待ってるから。 時間ないから5分で来て」





『わかった、すぐ行く。』





阿部「あなた熱だけ測ってから行って?」





『熱なんてないから大丈夫! 具合悪くないし。』





阿部「でも心配だし、」





深澤「熱ないならいいじゃん、測ってよ。」





岩本「熱ない証明になるし、俺達も安心だから」





渡辺「ほら。」





『熱なんてないって! 大丈夫だって!』





宮舘「ないなら測ってから行って?」





向井「測るのなんてすぐやん。」










まね.
あなた早く。
時間ギリギリだから。
⛄ さ え き 🌸
⛄ さ え き 🌸
了解。今行く!








『桃ちゃん怒ってる… もう行くね。 今日多分遅くなる!』





『行ってきます!』





ラウール「あなたちゃん!」





目黒「あなた待って。 あべちゃん、抑えとくんで。」





阿部「目黒ナイス。 ありがとう」





『桃ちゃん怒ってる! 亮平!』





阿部「すぐ終わるから、」





目黒「やっぱ熱あるんじゃん」





『でも微熱だし。 1日くらい大丈夫だって。 行ってきます』







みんなだって微熱くらいで仕事休まないくせに

なんであなただけ色々言われなきゃいけないの。






NEXT.

読み逃げ辞めてください🙏🏻

💖お願いします!!

冬休み明けまでにきりがいい所まで更新したいので

連続更新でいきます。