無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,497
2021/01/13

第155話

さくら組。
玉森「あなた大丈夫?」





『だい、じょうぶ、です…』





菜々緒「全然大丈夫じゃなさそうだけど?」





『だいじょぶ、です、笑』





間宮「メンバーさんまだですかね…」





『迷惑、ばっかりかけて、ほんと、すみません、』





玉森「まず風邪治してから言って。」





『ごめんなさい…』





「あなた!」





『りょへ…』





阿部「あなたがご迷惑かけたみたいで…ほんとすみません」





菜々緒「全然、撮影は今日の分全部撮り切ったから」





阿部「そうなんですか、あなた頑張ったじゃん」





『うん、』





間宮「凄く辛そうだし、早く帰してあげてください」





阿部「ありがとうございます」





玉森「あなたには早く風邪治せって言ってあるから笑」





阿部「玉森くんに言われたらすぐ治すと思います笑」





菜々緒「体調悪かったら休んでいいんだからね?」





『それだと、皆さんに、迷惑…』





阿部「現場で倒れる方が迷惑だろ。ばか。」





『うるさい、』





阿部「随分口は動くんだな?」





菜々緒「あなたちゃんもう無理して話さなくてもいいよ?」





『すいません…』





阿部「帰るよ。 あなた立てる?」





『ちょっと、むりぃ、』





阿部「落ちるなよ。」





『わっ、』




玉森「お姫様抱っことかやるじゃん」





阿部「まぁ彼氏なんで。笑」





間宮「素敵な彼氏さんですね」





『ありがと笑』





阿部「ほんとご迷惑をお掛けしました。 では失礼します」





『お先に、失礼します、』





菜々緒「お大事ね!」





玉森「元気になってから仕事しろよ!」





間宮「ゆっくり休んでください!」





『ありがとう、ございます…!』










阿部「ほんとばかなの?」





『ばかじゃ、ないし、』





岩本「阿部言い過ぎ笑 けどあなたも悪いんだからね?」





『すみませんでした…』





岩本「家着くまで寝てていいよ?」





『ん、おやすみ…』




NEXT.

読み逃げほんと無理です。((
💖お願いします!!