無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

163
2019/06/15

第4話

自覚
2.3年生合同体育が始まった。

グループは部活ごとで振り分けられたため、
ダンス部みんなとグループになることが出来た。

ジョシュア
ジョシュア
良かったよね!みんなで組めて
ホシ
ホシ
そうだよね!
しかも創作ダンスって俺たちの得意分野だし!
ドギョム
ドギョム
ちょっと楽しみだよね
ジュン
ジュン
ヒョン達がいてくれてよかった…
ウォヌ
ウォヌ
知らない3年生と組むの気まずいもんね
エスクプス
エスクプス
曲は自分たちで決めていいみたい
ホシ
ホシ
俺かっこいい感じのにしたい!
ウジ
ウジ
それだったら『Highlight 』とか?
ジュン
ジュン
でもそれって、俺達が踊ってるから…
創作ダンスって括りだとダメってならない?
ジョシュア
ジョシュア
んー、でもあれはあくまでもホシ、ジュン、ディエイト、ディノの振りだから
そこからアレンジして8人のオリジナルにしちゃえばいいよ
ジョンハン
ジョンハン
それいいね!
じゃあ取り掛かろ!
ホシ
ホシ
このメンバーだけで踊るのってなかなかないから、わくわくするね!
大まかな振りを決めて、細かい動きも調節して、見本としてホシが踊ってみる。
それをメンバーが真似しつつ完成に近づけていく。
エスクプス
エスクプス
もうほとんど完成だな!
おれはもう少し細かいとこ練習してるよ
ホシ
ホシ
けっこう自信あるから早く踊りたい〜
ジョシュア
ジョシュア
さすがホシだね
俺もお前と踊るの楽しみ
ホシ
ホシ
うぇ…?あ、そうだね!
俺ほかのとこ見に行ってみるね〜
〝お前と〟

この言葉で心臓がうるさくなるのが分かる。

また動悸がする

おちつけ、おちつけ…
男子A
男子A
よーホシ!
お前のダンス見てたけどやっぱ色気すげぇなぁ
ホシ
ホシ
ほんと?
すごい嬉しい!ウジが作った曲はすごいんだよ!
だからかっこよく踊らなきゃね
男子B
男子B
前から思ってたけど、お前ちょっと痩せた?
ダンスし過ぎなんじゃない?
ホシ
ホシ
最近、胸のもやもやがすごくて
踊ってれば忘れれるからずっと踊ってるんだ
男子A
男子A
え、もやもやってなんだよ〜
好きなやつでもできた?
男子B
男子B
あのモテモテのホシ様が…?
ホシはみんなのものってずっと言われてたぞ
ホシ
ホシ
す、好きな人…?
わかんない、好きな人できるとどんな感じなの?
男子B
男子B
話しかけられると嬉しい反面、緊張で言葉が詰まっちゃったりするよな
男子A
男子A
分かる!
いざ話てみて、楽しいし幸せだけど、なんか急に恥ずかしくなったりさ、照れくさい?みたいな
ホシ
ホシ
え、
もしかして、話して急に動悸がしだしたりするのって…?
男子B
男子B
鈍感だなぁ〜
それってもうめちゃくちゃ意識してんじゃん
男子A
男子A
ほんとに好きなやついんのか?
あのホシが?
ホシ
ホシ
好きな人、
そうなのかも…
これ、このモヤモヤって、そういうこと…?

ほんとに、シュアヒョンが?




ジョシュア
ジョシュア
ホシ〜、そろそろ最後の確認で通そう
みんな待ってるよ
ホシ
ホシ
あ、うん!
好きかもって思うとよけい意識する…。

心臓うるさい。
ウジ
ウジ
顔を赤らめて帰ってきたホシに違和感を覚えたウジ。
ウジ
ウジ
(もしかして、気付いた…?)
ウジ
ウジ
ホシ、通すぞ
ホシ
ホシ
うん!
最後の通しで、ホシは何度かシュアヒョンと手が当たった。

その度に、逃げるように手を引く。

その違和感に気付いたのは俺だけじゃなくて、
シュアヒョン本人も気付いたみたいだった。
ジョシュア
ジョシュア
ホシ、どうしたの?
俺、なんかした…?
ホシ
ホシ
違…、そういうことじゃなくて!
ごめん!!本番はちゃんとできる…
気にしないで
そして、本番。

本番はさすがダンス部、さすがホシという感じだった。

本番には強い。きっちり踊りきっていた。
ウジ
ウジ
ホシ、後で話がある。
ホシ
ホシ
…?
分かった
ジョシュア
ジョシュア