無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

347
2019/08/20

第4話

3話
小町 鈴
小町 鈴
…ん
小町 鈴
小町 鈴
……んん?!
私は気絶したから気絶させられた屋上にいる。
ここまでは分かる。
でも、なんで包帯巻かれてるの?!
小町 鈴
小町 鈴
……誰かが…やってくれた…?
いやいやいや、私に限ってそんな事してくれるような人いないわ
小町 鈴
小町 鈴
………これは夢なの?
試しにほっぺをつまんでみた
小町 鈴
小町 鈴
うーん痛い…
てことは誰かがやってくれたんだろうなぁ
小町 鈴
小町 鈴
………ありがとうございます…
って誰もいないけど
立って見たらいつもよりも動きやすかった
手当てってここまでできるんだ…
小町 鈴
小町 鈴
ん…?
足元に包帯とテープが置いてあった
小町 鈴
小町 鈴
くれるの…かな?
小町 鈴
小町 鈴
えへへ
プレゼントなんてもらった事なかったから嬉しかった
なんかプレゼントとは言いづらいけど…w
小町 鈴
小町 鈴
……あはw
小町 鈴
小町 鈴
…久しぶりに笑えた
なんだ。普通に笑えるじゃん
もうちょっと笑顔で頑張ってみよ。
とりあえず
小町 鈴
小町 鈴
……帰るか
嫌だけど
今ならまだ乗り越えられる気がする
小町 鈴
小町 鈴
頑張ろう。
少し勇気を出して屋上を出た