第8話

7話
264
2023/08/31 05:17
主
まだアンケートやっているので皆さんアンケートお願いします🙇‍♀
今はまだ駄目という意見が多いので今回は呪術師追加しませんでしたが…
今ならまだ話を持っていけるので安心してください👍
釘崎野薔薇
傑菜ぁ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
うん?
釘崎野薔薇
昨日私達と別れた後、何か知らない?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
うーん…分からないなぁ…
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(あ、呪霊に襲われそうになってるじゃん。けっこー近いよ?笑 菅さん)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(あっち見なくていいの?笑まあ見させないけど)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
何かあったの?
虎杖悠仁
いや、ちょっと聞いてみたかっただけ!
伏黒恵
そうだ。気にするな
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
ん〜?まあそうだね!気にしないよ♪
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(助けに行かなくていいのかな?笑)
虎杖悠仁
…!伏黒!菅さんが!
伏黒恵
!?まずい…!
釘崎野薔薇
!傑菜ごめん!ちょっと行かなきゃいけない所あるから行ってくる!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(あーあ、気づいちゃった。これは助けられる距離だね)
虎杖悠仁
っあっぶねぇ〜…
伏黒恵
間に合ってよかったな
釘崎野薔薇
ほんとよ。気抜けないわね
菅原孝支
?お前らどうしたんだ?
3人
気にしないでください
菅原孝支
えぇ…
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(はあ…呪霊あと1つ仕込んでおけばよかったかな…)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(まあ次回に期待かな♪うん、楽しくなってきた♡)
月島蛍
…こんな所で何してるの
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(!?やばい、急いで声変えないとっ…!)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
月島くん!?
月島蛍
そうだけど
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あっ、いやぁ…さっきまであの三人(高専1年の)と話してて…
月島蛍
…そうなんだ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…何が目的?…少し警戒するとするか)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(呪術師…ってことは無いね、呪霊がすぐそこに居るのに見えていない)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
どうしたの?
月島蛍
いや別に
月島蛍
(…1人で笑ってたから気になっただけだけど)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(笑ってたの見てたとか…?声は出してなかったんだけどな、顔に出てたか)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…今日もついてきそうだな、こっちも警戒しないと)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(バレるのも時間の問題)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あっ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
いいこと考えたかも
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
野薔薇〜!
釘崎野薔薇
どうしたの?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
ん〜?なんでもな〜い笑
釘崎野薔薇
何よ笑
釘崎野薔薇
…!!!ゾワッ
釘崎野薔薇
!?!?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
?どうしたの?野薔薇
釘崎野薔薇
い、いや…何でもないわ…
釘崎野薔薇
ごめん傑菜、用事できた
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
おっけ〜
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…野薔薇は思った通り呪力を持った奴を探しに行ったね)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
バレるかバレないか…一か八かだったけど成功したね
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(一瞬だけ全ての呪力出してみたんだよね♪)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…って
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
野薔薇…?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
どうしたの…?
釘崎野薔薇
傑菜、呪霊って知らない?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
え、呪霊?何、そんな趣味あったっけ?野薔薇
釘崎野薔薇
いや、趣味とかじゃないの。知らないならいいわ。ごめん
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
いやいや!全然大丈夫!
釘崎野薔薇
(傑菜からだった気がするのよね…)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…まずいな。もっと疑われる事になった)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(傑に相談しよ)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
傑〜
夏油傑
『何かあったのか?』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
せいかーい。まずい。あいつらにもっと疑われてる
夏油傑
『どうしてそうなった』
夏油傑
『まずはなんでそうなったか教えてくれ』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
おけ
 
夏油傑
『なるほど。自爆といったところかな』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
だよねぇ…(๑´•.̫ • `๑)
夏油傑
『まあ気をつけてね』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
うん(๑´•.̫ • `๑)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(うーん…なんか…)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(増えてない????)
呪術師目線
虎杖悠仁
先生なんで居るん!?
釘崎野薔薇
本当になんで居るのよ
虎杖悠仁
伏黒連絡した?
伏黒恵
してないに決まってるだろ!
五条悟
まーまー気にしないで!なんであの子追ってるの?
伏黒恵
呪力を持ってる可能性があるんで
釘崎野薔薇
呪力を持ってることを自覚してたら呪詛師かもしれないってことになったのよ
五条悟
なるほどね
虎杖悠仁
あっ!角曲がる!
伏黒恵
行くぞ
釘崎野薔薇
ええ
五条悟
僕も付いていくよ
虎杖悠仁
マジ!?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…クソ動きづらい。なんで悟も居るんだよ…)
伏黒恵
どこかに電話掛け始めましたよ
虎杖悠仁
あ、ほんとだ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
もしもし
夏油傑
『どうしたんだい?』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
いやちょっとね。許可貰いたいんだ
夏油傑
『私に?』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
うん。あなたの名字あなただとは話さないで、ただの呪詛師として暴れていいかって話
夏油傑
『急だね。虎杖悠仁達かい?』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
うん。高専1年達+悟
夏油傑
『悟も居るからってことか。それならいいよ』
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
せんきゅー!
ブツッ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
〜♪
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
クルッ
4人
虎杖悠仁
こっち見てない!?
五条悟
…見てるね
伏黒恵
バレたのか…!
釘崎野薔薇
こっちに歩いてくるわよ!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(*^^*)そこで何してるの?出ておいで
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
虎杖くん、伏黒くん、野薔薇。…後五条悟
五条悟
まさか僕までバレてるとはね
主
おかしい所があれば教えて下さい!
主
お気に入りありがとうございますヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

プリ小説オーディオドラマ