第3話

3話
542
2023/07/09 06:07
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…よし。傑、真人…お、来たんだ漏瑚
漏瑚
まあn
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
行ってきまーす
漏瑚
話を聞かんかい!!!!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
熱っ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(えっと…さrもぶお先生だっけ…)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
どこだ…
もぶお先生
おっ。夏耶さんか?よろしくな。担任のもぶおだ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あ、よろしくお願いします
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…これから大勢の猿に敬語使うのか、嫌だな)
もぶお先生
俺が呼んだら入ってきてくれ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
はい
ガラガラガラ
もぶお先生
お前ら、今日は転校生が来るぞ!
「え、どんな子なんだろ…」
「イケメンならいいな〜♡」
「可愛い子の方がいいだろ!!」
「いやそこは美人だろ!!」
「ちょw皆欲望出しすぎw」
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(さすが猿。騒ぐことが得意だな)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(でもごめんね。美人でも可愛くもイケメンでもないんだ)
もぶお先生
静かにしろ!入ってきていいぞ
ガラガラガラ
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…えっと
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜です。傑、菜と書いてすなって言います
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
仲良くしてくれると嬉しいです
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(え、自己紹介からミスった?最あ)
可愛い〜!
美人〜っ!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
「ちょっと!可愛いでしょ!」
「いやあれは美人だよ!」
「イケメンがよかっ」
「あんたは黙れ」
「えぇ…」
「とにかく当たりだ…」
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…困るな)
もぶお先生
お前ら!静かにしろ!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(ナイスっ‼‼‼‼‼‼)
虎杖悠仁
あ!昨日の!よろしくな!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あ、うん…
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(よりによって呪術師と隣とか…ツイてない)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あの、虎杖くんってバレー部…だよね?
虎杖悠仁
おう!(護衛のためだけど)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…だよね(護衛先だけど、だよね)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
ならさ、私バレー部のマネやりたいんだよね
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あ、でももう3人居るんだよね…?
虎杖悠仁
(なんで人数分かるんだ…?)んーまあ先生に聞いてみればいいと思う!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
そうだね。そうしてみる
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(あ〜〜〜騒ぎたいいつものテンションで居たい)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(名前…確か武田一鉄だっけか)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(…顧問って大変そうだよね〜私なら絶対やりたくないな)
コンコン
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
失礼します。1年2組の夏耶傑菜です。武田先生いらっしゃいますか
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(敬語の勉強って大切だな)
武田先生
!転校生の夏耶さんですよね、どうしました?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あ、えっとバレー部のマネージャーやりたくて。見学とか…出来ますかね
武田先生
いいですよ!一応入部届の紙渡しておきますね!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
ありがとうございます!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…そういえば昨日変な人だと思われてなかった?私
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…頑張れ私
虎杖悠仁
あれ?夏耶さんじゃん!こんなとこでどしたん?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
!?あ…えっと見学していいって武田先生に言われたから見学しに来た
虎杖悠仁
おー。なら一緒に行かん?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あ、じゃあお願い…
放課後
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
…へぇ。結構すごいんだ
釘崎野薔薇
あ!昨日の子じゃない!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
!?あ、こんにちは…
釘崎野薔薇
どうしたの?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
えっと…マネやりたいから見学しに来てたんだ
釘崎野薔薇
そうだったのね。で、やるの?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
うん。やろうかな
釘崎野薔薇
そう。あ、名前は?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
夏耶傑菜。呼び方はなんでもいいよ。あ、あなたは?
釘崎野薔薇
釘崎野薔薇。傑菜ね。よろしく
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(あ、いいこと思いついた♪)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
あのさ、昨日夜なんかあったか知ってる…?
釘崎野薔薇
…!
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
朝外出たらちょっと地面が崩れてたりしてたから気になって…
釘崎野薔薇
そう。私は知らないわよ。気にしなくていいんじゃないの?
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
そうかなぁ…ま、気にしないことにするね
釘崎野薔薇
(…あなたの名字あなたとあのツギハギの仕業ね)
夏耶 傑菜
夏耶 傑菜
(うーんやっぱりボロは出さないか笑)
主
おかしい所があれば教えて下さい!

プリ小説オーディオドラマ