無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

_媚薬(R18)(畑)_

やふへゐ先生side_



寝部屋であなたちゃんと話していると



喉乾いたって言って2階へ上がった。



2階はみんなスマブラしてるが



ともたかは編集してる。



あなたちゃんが2階へ上がると同時に



ともたかにLINEした。



「あなたちゃんの気引いて」って。



トマトクン
トマトクン
あ、あなたちゃん!
自分
自分
んー?
トマトクン
トマトクン
これ今動画できたんだけど見てみてくれない?
自分
自分
え、あなたが?
トマトクン
トマトクン
そうそう!はじめさん達とは別で見てもらいたかってん!
自分
自分
全然いいよ!




よしよし、その調子だ。



そして俺は昨日買った



"媚薬"を、あなたちゃんが飲む水の中に入れた。



もちろんレペメンに殺されるのは承知の上。




やふへゐ先生
やふへゐ先生
あなたちゃーんお水持ってきたよー
自分
自分
え、なんで水飲みたいのわかったん!‪w
やふへゐ先生
やふへゐ先生
女の子はお茶より水な印象あるから‪w
自分
自分
さっすがぁ!



なんか悪いことしてる気分‪w



目の前で水を飲みながら動画を見ているあなたちゃん。



数分後には



えろいあなたちゃんが見れるんだろうなぁ。










15分後



さっきみたいにあなたちゃんと



他愛のない話をしていた。



するとおでこに手を当てるあなたちゃん。



可愛いなぁ‪w



やふへゐ先生
やふへゐ先生
どーした?気分悪い?
自分
自分
ん?いや、なんか熱いなって思って
やふへゐ先生
やふへゐ先生
そー?エアコンさっきと同じ温度設定してるけどなぁ。
自分
自分
んー…なんでやろ‪w
ま、いっか。



それからまた話をして



まだ3分くらいしか経ってないのに



効果はどんどん出てきた。




自分
自分
んん…?なんかおかしい…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ん?
自分
自分
なんか…変…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
さっきの水にこれ入れたの。
【媚薬を見せる】
自分
自分
へっ…?なにそれ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
媚薬。
自分
自分
やふさんいじわる…!
変態…!!
やふへゐ先生
やふへゐ先生
なーにそんないじめられたいんだ?
【床ドン】
自分
自分
ねぇやふさん…っ
やふへゐ先生
やふへゐ先生
泣かないの‪w
怖がらないで。
【DeepKiss】(チュッチュルッ)
自分
自分
んんっ…んっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
大丈夫。優しくやるから…
自分
自分
うん…っ
やふへゐ先生
やふへゐ先生
とりあえず脱ごっか。
【あなたを上裸にする】
自分
自分
あ、あんまり…見ないでよ…?//
やふへゐ先生
やふへゐ先生
なんでよ‪w
いいじゃん、綺麗だし。
【胸を揉む】(ムニムニ)
自分
自分
んんっ…//
【腕で口を隠す】
やふへゐ先生
やふへゐ先生
声かわいっ。
【頂点をいじる】(クリクリ)
自分
自分
んぁっ…!っ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
すごい硬くなってる‪w
自分
自分
やふさん…もう下触って…?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
っ…//
いいよ…?
【下も脱がす】
やふへゐ先生
やふへゐ先生
うわ、やばいくらい濡れてる…
【指を入れて動かす】(グチュックチュ)
自分
自分
んんっ、あんっ…!
やぁっ、あぁっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
あなたちゃんはどこが好き?
【指でいろんなとこをいじる】
(グチュックチュッ)
自分
自分
んあぁっ、!んんっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ここね、了解っ
【弱いところを集中していじる】
(クチュクチュ)
自分
自分
やぁっ…やふっ、さんっ…
もうっ、イクっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
いいよ、イって?
【早く動かす】(グチュグチュッ)
自分
自分
やぁっ、イクっ…イクぅっ、んあぁっ…!【イク】(ビクビクッ)
やふへゐ先生
やふへゐ先生
可愛いよあなたちゃん
自分
自分
可愛くないし…//
ね…もういれて…?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ほんと積極的だね?‪w
いつもなの?
自分
自分
違うもん…絶対媚薬のせい…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
珍しいあなたちゃん
見れてるのは嬉しすぎ‪w
じゃあいれるね。
【脱いでゴム付けて入れる】(ヌプヌプ)
自分
自分
んぁんっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
んぁっ…きっつ…
自分
自分
おっきぃ…やふさんのっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
やふさんじゃなくて…
ようへいって呼んで?
自分
自分
よーへい…?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
っ…やば…もう動かすね?
【腰を動かす】(パンパンッ グチュッ ギシギシ)
自分
自分
あんっ、あぁっ、きもちっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
あぁっ、んんっ、やば…気持ちよすぎる…あなたちゃんっ…
自分
自分
よっ、へい…すきっ…すきぃっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
そんなことっ…言わないのっ…んっ…止まんないからぁっ…!
【腰を早く動かす】(パンパンッ ギシギシッ)
自分
自分
やぁっ、早いっ…!よぉへっ…イくっ、イくぅっ…あぁんっ…!
やふへゐ先生
やふへゐ先生
あぁっ、俺もっ…イきそぉっ…、あなたちゃんっ…んんっ、あんっ、イくっ、イくぅっ…!!【イく】(ビクビクッ ピュッピュッ)
自分
自分
あぁっ、やぁっ、イくぅっ…!
【イく】(ビクビクッ)
やふへゐ先生
やふへゐ先生
はぁっ、はぁ…
自分
自分
はぁっ…はぁっ…
やふへゐ先生
やふへゐ先生
はぁっ…可愛かった…あなたちゃん…
自分
自分
ありがとう…‪w
やふへゐ先生
やふへゐ先生
最後に…
【キスマークつける】(チュゥッ チュパッ)
自分
自分
っ、!
え、待っ…キスマつけたと?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
ごめん…可愛かったから…
自分
自分
‪w‪w
いいよ、ありがとう!
やふへゐ先生
やふへゐ先生
はぁ…ほんと可愛すぎ。
とりあえず片付けて寝よっか?
自分
自分
うんっ!



片付ける〜




そして寝転がる



俺の希望で服は着らずに‪w



やふへゐ先生
やふへゐ先生
ねぇ、キスしていい?
自分
自分
ん?いいよ?
やふへゐ先生
やふへゐ先生
【DeepKiss】(チュッチュッ)
自分
自分
んっ…っ、
やふへゐ先生
やふへゐ先生
はぁっ…
おやすみ。可愛いあなたちゃん。
自分
自分
おやすみなさい…




その後俺より先に



あなたちゃんは眠りにつく。