無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第51話

_いつまでも優しい君_




まるside_







10分弱くらい俺は泣き続けた。



あなた今どーしてるかな。



俺に呆れてるかな。



社長とかと話してるかな。



結局俺の脳内にはあなたがいるんだ。



何してる時でも。



例えば



一緒に寝ない日の寝る前



俺はあなたとのSEXを思い出して



オナニーをする



した後も



あなたの笑顔とか想像しながら寝る。



気持ち悪いよ



わかってる



でも好きなんだもん



俺例えあなたが他の人と付き合っても



絶対あなたを嫌いにならない自信がある。



あなたの欠点探して嫌おうとしたって



俺はあなたを嫌いになれない。



多分欠点探す段階で



俺はまたあなたを好きになるだろう。





DJふぉい
DJふぉい
りゅう、そろそろあなたのとこ行こ?
DJまる
DJまる
うん…
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫。お前なら。
DJまる
DJまる
呆れてないかな。
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫たい。お前を呆れるようなやつじゃないやろ?
DJまる
DJまる
うん…よし、行こっ!



あなたに会いたい



あなた、次こそは




俺、守るから




今回は…許して…







ガラガラ




DJふぉい
DJふぉい
あなたー?
DJ社長
DJ社長
今寝とるよ



え…やっぱ呆れてたか。



ごめん。ごめん。




ほんっとにごめん…





DJふぉい
DJふぉい
りゅうもう泣くな。
DJまる
DJまる
っ…



今多分俺最大の泣き虫期的な感じ。




MG脇
MG脇
泣かんでいいとよまる。
DJまる
DJまる
DJ社長
DJ社長
まる、とりあえずこっちこい
DJまる
DJまる
はい…



俺はさっき座ってた椅子に座った。



そしてあなたの手を握った。





DJ社長
DJ社長
ふぉいにも話すよ
DJふぉい
DJふぉい
はい
DJ社長
DJ社長
さっきナースコール押したんよ
DJふぉい
DJふぉい
あ、忘れとった‪w
DJ社長
DJ社長
そうそう‪w
で、話聞きに来たんやけど、
急に引っ張られて渋谷の狭い薄暗いとこに連れられて、 お前がおったら迷惑 的なこと言われたらしい。他にも言われたって。その後に、何発も全身殴られ蹴られって感じって。
DJふぉい
DJふぉい
性別は?
DJ社長
DJ社長
DJふぉい
DJふぉい
はぁ…男か…
DJ社長
DJ社長
そーとー力強かったやろうね…



包帯に滲むあなたの血が見える。




あなたの綺麗な白い肌が赤い。




DJ社長
DJ社長
それで、まる。
DJまる
DJまる
は、はい。
DJ社長
DJ社長
あなたはずっとお前を心配しとった。
DJまる
DJまる
心配…?
DJ社長
DJ社長
あなたがこんなんなってなかったら とか りゅう戻ってこんかな とかずっと言いよったんよ。
で、あなたも疲れとるみたいで りゅう来たら起こして って言って寝たと。
DJまる
DJまる
DJふぉい
DJふぉい
ほら、言ったやろ?
お前は愛されとるんよあなたに。



やっぱ…あなたは優しいな…。



DJ銀太
DJ銀太
まる起こしてやりーよ
まるの笑顔見たがっとったよ
MG脇
MG脇
うん。言いよった。
DJまる
DJまる
…あなた、あなた、



軽く体を揺らす



でも俺はあなたの手を片手でずっと離さない





DJまる
DJまる
あなた、戻って来たよ、
自分
自分
んっ…?



寝起きの顔も可愛いあなた。


DJまる
DJまる
ごめんね…
自分
自分
もう謝らんとよ…‪w



そう言って俺の手を握り返してくれた。




DJまる
DJまる
早く…
自分
自分
ん?
DJまる
DJまる
早く…治してね。



これしか言えないのが悔しいけど




俺はあなたを全力でサポートする。




自分
自分
…ほんとりゅうは可愛いとね…ありがと。
DJまる
DJまる
なんでも聞くけん、なんでも頼って。
自分
自分
なんでも聞く?
DJまる
DJまる
あなたに負担かからんことやったらなんでもする。
自分
自分
じゃあ、もっと甘えて。
DJまる
DJまる
え?
自分
自分
こんなあなたでも、甘えたい時は甘えてよ。りゅうに甘えられるの…好きやけん
DJまる
DJまる
あなた…
自分
自分
【背中を起こす】
DJまる
DJまる
なんしよーと?もたれとき?
自分
自分
【Kiss】(チュッ)
DJまる
DJまる
っ…//
DJふぉい
DJふぉい
あぁー!ずるーい!
DJ社長
DJ社長
お前らマジで付き合っとんやないん?‪w‪
自分
自分
‪w‪w
りゅう愛しとーよ
DJまる
DJまる
…俺も。



そう言って俺は



あなたに触れるだけのキスをした。