無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

とうとうこの日がやって来た。
あーあ。告白の返事返さなきゃ。
まず深呼吸。
はぁーーー。ふぅー。
ゆめ
ゆめ
うん。いいよ。
モトキ
モトキ
じゃあ行こっか。
とうとう着いてしまった。
マサイ
マサイ
自分の気持ちに嘘つかなくていいから。
モトキ
モトキ
俺は振られたとしてもずっとゆーちゃんが好きだよ☺️
シルク
シルク
俺も😁
マサイ
マサイ
もちろん俺もな✌️
自分の気持ちに嘘はついちゃいけない。
私の好きな人は…


































気になるところで止めちゃってごめんなさーーーい(*´꒳`*)
皆さんのおかげでーー!
1日で。
それに初めて描いたやつ…
それが42位とか朝起きて携帯開いてびっくりぎょうてん(´⊙ω⊙`)
もう読んでくれてる方には感謝しかありましぇんよぉぉぉ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
夏休み暇なんで1日でバンバン出します(*´ω`*)👍
次の話も楽しみにしてください!
ではここら辺で!
せーの!
アデュー(*´ω`*)