無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
453
2021/11/05

第4話

中に入るともう大体の大隊長が揃っていた。
(なまえ)
あなた
へ〜何か肩苦しい場所ですね
あなたの下の名前はそう言って部屋を見回した。
ふと、こちらを見る短髪の少年が目に入った。
森羅日下部
森羅日下部
ビクッ
(なまえ)
あなた
森羅日下部
森羅日下部
ニヤッ
(なまえ)
あなた
あなたの下の名前はまるでは?と言っているかのような顔でその少年、森羅日下部を見た
新門紅丸
新門紅丸
どうかしたか?
(なまえ)
あなた
いえ
目が疲れていたので変な顔するキモイ幻覚を見てしまいました
新門紅丸
新門紅丸
幽霊ってやつか?
(なまえ)
あなた
若は幽霊なんて信じてるんですか〜?やっぱりガキですね
新門紅丸
新門紅丸
俺はガチじゃねえ
(なまえ)
あなた
いやいや〜
やんややんや言いながら席に座る2人を森羅は呆然と見つめていた。その横で環が必死に笑いをこらえて肩をふるわせていた。
森羅日下部
森羅日下部
おっ俺…幻覚ってことにされてる!?