無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

454
2021/11/05

第3話

目的地に着いたあなたの下の名前は唖然としていた。
(なまえ)
あなた
な、なななっ
(なまえ)
あなた
なぜ皇国の会議室に原告主義者わたしたちが来たのですか!?
(なまえ)
あなた
来る必要無いですよね!?
(なまえ)
あなた
無いですよね!?
(なまえ)
あなた
なんで!?
(なまえ)
あなた
なぜ!?
(なまえ)
あなた
どうして!?
新門紅丸
新門紅丸
あなたのニックネームうるせぇ
(なまえ)
あなた
いやいやいやいや
相模屋焜炉
相模屋焜炉
若…ちゃんと説明してやりましょうよ
新門紅丸
新門紅丸
あ?俺ちゃんと言ったろ?大隊長会議だって
(なまえ)
あなた
言ってません!
相模屋焜炉
相模屋焜炉
言ってねぇ
あなたの下の名前はハァ吐息をついて日傘を折りたたんだ。
(なまえ)
あなた
来てしまった以上ついて行きますけど…紺さんだけじゃ若をなだめるのは難しいでしょうし
新門紅丸
新門紅丸
俺はガキじゃねぇ
(なまえ)
あなた
見た目は・・・・ですね
新門紅丸
新門紅丸
…💢
相模屋焜炉
相模屋焜炉
ほら!行くぞ
焜炉がそう言うと3人は会議室へ足を踏み出した。