第9話

#6
771
2018/10/08 11:31
────引っ越しの日────
あなた

(まだかな……?)

今日はついに岡崎に引っ越す日。

荷物はもう業者が先に持って行ってくれた。
東海オンエアのマネージャーをお願いされた日、あの後引っ越し手続きをしたら思いのほかトントン拍子に進み、あれから3日後、つまり今日にいたる。

その間私は遠いからと言われてマネージャーの仕事はせず、東海オンエアとは会っていない。
プップー
後ろから車のクラクションの音がした。

私が振り向くと、
てつや
てつや
あなた!お待たせ!
あなた

てつや!遅いよ〜!

てつや
てつや
悪い、悪い。じゃあ行こうか。乗って。
あなた

うん。

私はてつやの車に乗り込む。
あなた

(なんやかんやでてつやと一緒に車に乗るの、これで3回目だよね。)

あなた

(この短期間に色々あったな……。)

今までのことを思い出していると、いつの間にか岡崎のアパート到着。
あなた

ここが今日から私の家か〜!

自分の番号の部屋に入りながら言う。
家具はもうすでに運び込まれている。

前のアパートに比べると少し狭いが、家賃が安いので仕方がない。
てつや
てつや
なんかあったらすぐに俺ん家来いよ。すぐそこなんだから。
あなた

分かった。

そう、このアパートはてつやんちから徒歩10分以内で着く。
あなた

(てつや、自分んちには住ませないくせに、なんなんだろう……?)

てつや
てつや
じゃ、行くか?
あなた

うん。

今日はこれからてつやんちに行き、初のマネージャーの仕事をするつもりだ。
またてつやの車に乗り、てつやんちへと向かう。
あなた

到着っと。

てつや
てつや
ま、1、2分くらいだけどな笑
あなた

そうだけど笑

てつや
てつや
先に入ってて。車とめてるから。
あなた

コクッ

私は頷く。

車を降り、インターホンを鳴らす。
ピーンポーン
りょう
りょう
はーい。あ、あなた。皆、あなた来たよ〜!
りょうがドアを開けてくれる。
あなた

お邪魔します。

しばゆー
しばゆー
いらっしゃ〜い!
虫眼鏡
虫眼鏡
入って入って!
奥から声がする。
てつや
てつや
おい、お前らの家じゃないだろーが!
後ろからいつの間にか来たてつやが叫んだ。
あなた

クスクス

あなた

(やっぱりこの空間いいなぁー……。)

たった3日会わなかっただけでなんだか懐かしく感じる。
てつやと一緒にリビングに行くと、もう皆揃っていた。
としみつ
としみつ
てつや、今日の企画は?
てつや
てつや
あー、今日は……
あなた

(へぇー…、撮影前に企画のこと話すんだ。)

ゆめまる
ゆめまる
じゃあその企画の道具持ってこようか?どこにある?
てつや
てつや
いや、自分で取りに行くよ。
虫眼鏡
虫眼鏡
えっ、てつやが自分で取りに行くなんて珍しい!
しばゆー
しばゆー
雨が降るどころか嵐になるんじゃねーか?笑
てつや
てつや
俺だってたまには取りに行くんだよ!
てつやが道具を取ってきて、撮影スタートだ。

ちなみに私はというと、カメラに映らないよう、部屋の端で見学だ。
てつや
てつや
やあどうも東海オンエアのてつやと!
しばゆー
しばゆー
しばゆーと、
としみつ
としみつ
としみつと、
ゆめまる
ゆめまる
ゆめまると、
虫眼鏡
虫眼鏡
虫眼鏡と、
りょう
りょう
Hey、Hey、俺はりょうだぜ、Sey、year!
挨拶をし、企画説明をする。
あなた

(わぁー、生挨拶……!)

つい見入ってしまう。
そんなこんなで東海オンエアの撮影が始まった。

プリ小説オーディオドラマ