無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

魔法界のどこかのあなたへ

恋愛

魔法界のどこかのあなたへ

39
110
3,109
2019/11/11
夢小説
連載中
私は、自然現象を操る独魔法を持っている

ある日の夜
私は、雪を降らせた

しかし雪だけ制御が難しいので

案の定、魔法が暴れてしまった

私が困り果てていると
吹雪の中、人影が見え

その男の子が助けてくれた

吹雪のせいで顔が見えなかったが

その子に今でも会いたいと思っている


この魔法界のどこかに居るあの子...

その子の事を考えると
胸の奥が苦しくなる


『これが...恋なんだ』

夢機能の名前設定

文章中の主人公がここで設定した名前に置き換わります

チャプター

全20話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る