第62話

❅*°
2,690
2023/10/30 20:15
堂々と雄英高校の門を潜る

変装してるし変声機も付けたしバレないでしょ
あなた
1-A……ってどこだっけ?
確か……ここを曲がって……
あなた
お、みっけ
相変わらずバカでかい重そうな扉を開ける


クラス内はシンとしていて、人の気配は無かった
あなた
あーやっぱ違う場所にいるか……
独り言を呟いていると、誰かの視線が背中に刺さった
あなた
だぁれだ
視線を感じる先を見ると
目をまん丸にした麗日が立っていた
麗日お茶子
だっ誰やッ!
「もしかして転校生……?でもなぁ…」
と馬鹿げたことを考えているであろう麗日は
ペチっと頬を2回ほど叩いてこちらを向いた
麗日お茶子
だ、誰かは知らんけど……
今A組はちょっと空いてなくて…
あなた
うん。知ってる
麗日お茶子
…ならなんで……
あなた
隙を狙って来ないといけないじゃん?
麗日お茶子
隙……?
首を傾げて聞いてくる麗日の後ろの首を
手刀でドスッと叩く

それで気を失ったのか、麗日は私の方へ倒れてきた
あなた
ごめんね、お茶子・・・
気を失った麗日を背負って
私は1-Aがいるであろう部屋へと進んで行った
あなた
でもコイツ背負ったままじゃおかしいか
保健室へ運ぶか……そのままにするか……
あなた
ま、いいや
おかしくっていいんだよ


だって私はヴィランだもん
扉越しで部屋の会話を聞く

きっとここでもヒーローは偽善者ぶってさ

アイツを庇うんだろうな
オール・フォー・ワンに従わないと殺される

そんな言葉が頭に響く

初めて聞いたような反応を見せるヒーローたち

何言ってんだよ

先生はヴィランだよ??









……………そんなの…当たり前じゃん…!!
あなた
ッ…はははは…!
相澤
ッ!誰だ!
扉をゆっくりと開けるとそこには

戦闘態勢のヒーロー共



バカみたい
あなた
私、話聞いちゃったんだよね〜
あなた
アイツが内通者ってこと…
……ま、知ってたけど
相澤
…お前は誰だ。ヒーロー科じゃないだろう?
あなた
正確に言えば元ヒーロー科






そして








あなた
現ヴィラン…!




更新、遅くなってすみません!


テスト期間中だったのと

普通に忙しかったので

スマホを中々触れなかったんです…



本当に申し訳ないです…

プリ小説オーディオドラマ