無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
4
2021/06/20

第2話

2話
??「空夢…?」
ロングで茶髪の目はまるで宝石のような水色をした女の子が僕の名前を呼んだ。
…誰?
??「あっ…えっと…」
「私は」
花崎 華朱菜
花崎はなさき華朱菜かすな
夢叶 空夢
華朱菜…さん。なんで僕の名前を知って…
花崎 華朱菜
ポロポロ
僕が聞こうとして顔をあげると。静かに華朱菜さんは泣いていた
夢叶 空夢
え!?あ、あああの。大丈夫ですか?💦
や、やばい。いろんな人がこっちみてる…!
夢叶 空夢
取りあえず、ここでは話しずらいんでそとに出ましょうか💦
早口でそういい僕は筆箱やノートを鞄に詰め、華朱菜さんと図書館をあとにした
゚+。:.゚*゚*.:。+゚
…何故。今、このような状況におかれているのだろうか
きっととまどっていたんだ。だからこんな失態を…
























まだあんまり知らない女の子を家にいれてしまったんだ…?!
夢叶 空夢
(もうおわりだぁ。捕まるぅ。セクハラで訴えられるよぉ)
花崎 華朱菜
ねぇ
夢叶 空夢
!な、なんでございましょうか?
花崎 華朱菜
…クスッ
花崎 華朱菜
私は高校二年生。キミは?
夢叶 空夢
高校二年生です
花崎 華朱菜
そっか。ならタメではなそうよ♪
同い年じゃん!さんもいらないよ。よろしくね!
華朱菜さ…華朱菜は笑いならそういった
夢叶 空夢
う、うん。よろしく…?
花崎 華朱菜
あっ!ねぇねぇ!そういえば昨日の三チャンネルでやってたお笑いみた?
夢叶 空夢
みてないけど…
花崎 華朱菜
そっかぁ。面白かったよ(笑)
なんか片方の突っ込みやくが最後ボケに回ってさぁ…
夢叶 空夢
ねぇ
花崎 華朱菜
?なに?
笑顔で聞いてくる華朱菜。
夢叶 空夢
沢山聞きたいことあるんだけど、いいかな?まずは一つ目。なんで僕の名前を知っているのか
夢叶 空夢
二つ目、僕たち、さっきあったばっかりだよね?
花崎 華朱菜
…!
さっきまで笑顔だった華朱菜が驚いたかおでこちらをみた
夢叶 空夢
なんで、こんなに親しく出きるのかなって…しかも、まだ面識もないひとの家に上がるなんて…どうしT
花崎 華朱菜
一つづついわせて。
花崎 華朱菜
一つ目の質問。これは風の噂で利いたの
夢叶 空夢
風の噂って
花崎 華朱菜
風の噂は風の噂だよ
花崎 華朱菜
二つ目。あなたが信頼できるひとって分かるから
夢叶 空夢
なんで分かるの?
花崎 華朱菜
これも風の噂
夢叶 空夢
全部風の噂だね
花崎 華朱菜
そうだね。でも、本当だもん
夢叶 空夢
じゃあ最後。僕たちって
ー会ったことある?ー
花崎 華朱菜
…どうだろうね。今は・・まだ知らない方がいいかもね
今は?ってどういうこと?
聞きたかったけど今はそんなこと言える気力がなくて、
夢叶 空夢
そっか
と、ぎこちない言葉しかでなかった
花崎 華朱菜
夢叶 空夢
沈黙が続く
この部屋全体に変な空気が流れて、今でも抜け出したかった。その瞬間
夢叶 星夢
ただいま~♪
星兄が帰ってきた
夢叶 空夢
(な、ナイス…!!)
夢叶 空夢
お帰り!
僕はすぐさま星兄のもとへ向かった
夢叶 星夢
お、おお!ただいま!
花崎 華朱菜
ヒョコッ
夢叶 星夢
?空。その人はどうしたんだ?
夢叶 星夢
もしかして…彼女か?!
夢叶 空夢
ち、違うよ!
夢叶 星夢
彼女おぉぉ
夢叶 空夢
だから違うって!
花崎 華朱菜
星お兄さん変わってないなぁ(笑)
夢叶 空夢
?華朱菜。どうしたの?
花崎 華朱菜
なんでもないよ!さっ!戻ろ!
夢叶 星夢
空あぁぁ!!
゚+。:.゚*゚*.:。+゚
花崎 華朱菜
ねぇ。空夢は勉強してたんでしょ?図書館で
夢叶 空夢
うん
花崎 華朱菜
私勉強苦手で…一緒にしようよ!
夢叶 空夢
そ、それはいいんだけど…。なんで華朱菜は図書館にいたの?
花崎 華朱菜
あー…それは…
ー人を探してたんだー